TOP > 教育(学部・学科) > 経営経済学部 > 経営経済学科 > ビジネスソリューションコース

経営経済学科経営経済学科

ビジネスソリューションコース

企業の発展に貢献するビジネス感覚と実践力を。

ビジネスの第一線ではどんな状況でも将来を見通せる視野と、確かな意思決定力、情報分析に基づく実践力が求められます。本コースでは経営戦略・マーケティング・起業などに関する基礎を学んだ上で、グローバル化する社会や企業活動についても理解を深めます。さらに、社会で活躍する上で重要なビジネス感覚も身につけ、即戦力となる人材へと成長していきます。

ビジネスの変化に対応する力を身につける。

グローバル化するビジネスの世界で成功するためには、強い組織をつくることが重要です。実際の企業をイメージした組織運営のシミュレーションを通じて、ビジネスを成功させるための実践力を養います。

研究 PICK UP!

マーケティング戦略を実践的に身につける。

梅本光一教授研究分野:マーケティング/経営学

私の授業では、AKB48、ももクロ、東京ディズニーランドなど身近な企業やブランドの様々な事例を使い、マーケティングや経営戦略を学びます。さらに、ゼミでは学生がバーチャルカンパニーを組織し、社長、商品開発部長、販売部長、株主など異なる立場から様々な経営課題を考える体験型学習に取り組みます。これらの実践的な学びを通じて、ビジネスの最前線で活躍できる力を養っていきます。

グローバル社会を金融から読み解く。

卓涓涓助教研究分野:国際金融論/経済学

ビジネスがグローバル化する中、各国の金融政策は企業活動に大きな影響を与えています。日本銀行、さらには世界各国の中央銀行が打ち出す様々な金融政策と企業活動の関係性を解き明かし、世界経済を舞台にその影響を検証していくことが重要です。企業を中心とした様々な経済活動の背景にある国際情勢や各国の外交・経済政策などに対する理解も深め、情報を収集・分析しながら未来を読み解く力を養っていきます。

学びのフィールド

  • 経営学
  • マーケティング
  • ブランド学
  • 経済学
  • 法律学
  • ベンチャービジネス
  • リスクマネジメント
  • DTPデザイン基礎
  • ビジネス・日本語
  • 情報端末・SNS
  • 情報リテラシー
  • 時事問題

※若干の変更が生じる場合があります。

[主な卒業研究テーマ]
  • TPP参加が日本の産業に与える影響に関する一考察
  • SNSの収益構造 LINE Facebook Twitter
  • ローソンとセブンイレブンのPB戦略
  • 現代企業のグローバル化とCSR
  • 女性の雇用の現状
  • 現状の企業・組織の社会的責任〜住宅業界について〜
Copyright Nippon Bunri University, All Rights reserved.