TOP > 教育(学部・学科) > 経営経済学部 > 経営経済学科 > スポーツビジネスコース

経営経済学科経営経済学科

スポーツビジネスコース

東京オリンピック開催を追い風に、スポーツビジネスはさらに発展。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2019年のラグビーW杯、さらにスポーツ庁創設など、“スポーツ”は経済発展や地域活性化などの大きな原動力となっています。本コースでは様々な「NBUオリジナル授業」を通して、多様化したスポーツ消費者に対応できる知識や、スポーツビジネスに必要なマネジメント力・創造力、経営ノウハウを備えた人材を育成します。

スポーツの限りない魅力をビジネスへ。

プロスポーツのマネジメント、スポーツイベントの企画、こどもたちを楽しませるレクリエーション。スポーツが秘めている魅力と可能性に、それぞれの個性やアイデアが加わり、スポーツの新たな価値を創っていきます。

研究 PICK UP!

少子高齢社会を「健康」の観点からサポート。

堀仁史准教授研究分野:健康スポーツ科学

運動指導の実践現場におけるフィールド調査を中心に研究活動を行っています。「健康」は、これからの日本においてこどもから高齢者まで幅広く求められます。「スポーツ・運動」は健康づくりだけでなく、日本の医療費抑制や地域活性化のツールとしても非常に重要なのです。また、フィットネスインストラクターやスポーツ指導者などが取得するスポーツトレーナー資格NSCAの「CSCS」と「NSCA-CPT」の指導を通じて、科学的知識・技術に裏づけられたトレーニングを実践できる人材も育成しています。

時代が求める「マネジメント」×「スポーツ」。

竹田隆行准教授研究分野:スポーツマネジメント

オリンピック・パラリンピック、サッカーW杯など世界規模のスポーツイベントが注目されるのは、そこに様々な価値があるからです。しかし、スポーツ業界ではマネジメントを学んだ人材が不足しています。本研究室では、Jリーグ「大分トリニータ」を実習の場に観戦者調査を毎年行い、改善点等を提案しています。また、プロスポーツチームのブランディング、スポンサーメリットの確立、スポーツボランティアのマネジメントなども研究テーマです。スポーツ関連にとどまらず、観光や健康、医療といった他業種にもスポーツビジネスを応用できる人材を育てます。

学びのフィールド

  • スポーツビジネス
  • 会計
  • ブランド学
  • マーケティング
  • 経営学
  • リスクマネジメント
  • 法律学
  • スポーツトレーナー
  • ビジネス・日本語
  • 情報端末・SNS
  • 情報リテラシー
  • 時事問題

※若干の変更が生じる場合があります。

[主な卒業研究テーマ]
  • 地域コミュニティ構築を目的としたウォーキングマップ
  • 障がい者スポーツとノーマライゼーション
  • 東京オリンピックがもたらす地域経済の効果
      〜サガン鳥栖、大分トリニータを事例として〜
  • ランニング部門におけるNIKEとASICSの宣伝戦略について
  • 静的バランス能力の向上に役立つエクササイズについて
Copyright Nippon Bunri University, All Rights reserved.