TOP > 教育(学部・学科) > 経営経済学部 > 経営経済学科 > こども・福祉マネジメントコース

経営経済学科経営経済学科

こども・福祉マネジメントコース

少子高齢社会に求められる人材を育てる。

少子高齢化が進む現代では、福祉のあり方がより一層注目されています。本コースでは子育てから高齢者の問題まで幅広い視点から福祉を学び、地域共生のために必要となる知識・スキル・マネジメント力を養います。さらに、社会福祉士や幼稚園教諭・保育士を目指せるプログラムも開設し、つながりある地域社会の実現に貢献できる人材を育成します。

こどもたちが楽しみ、感じることのできる学びを。

折り紙、お絵かき、絵本の読み聞かせ、ピアノを使ったリズム遊びは、こどもたちが楽しみながら学び、様々な感性を身につける上で欠かすことができません。実習やボランティアなどを通じて、幼児教育に必要な力を身につけます。

研究 PICK UP!

こどもの問題へ心理学的にアプローチ。

髙橋淳一郎准教授研究分野:臨床心理学/発達心理学

スクールカウンセラーとして心理学的にこどもたちの問題行動を予防する研究・実践を行っています。こども・子育てをめぐる問題は、大人を含めたこどもが育つ社会の問題でもあり、こどもや親、家族や地域への効果的な援助の方法を考えるためには、人と社会の関係や、人の一生涯における発達、臨床的な援助の理論を学び、こどもの成長に必要かつ適切な環境とは何かを理解することが大切です。また心理学を学ぶことで、対人関係を円滑にし、主体的に社会に働きかけることができるでしょう。

社会保障モデルのあるべき姿を追求。

坂口 昌宏助教研究分野:社会保障

介護保険給付費などの社会保障費用の増大は、国の財政を圧迫することにつながり、将来的には福祉サービスの縮小も懸念されます。本研究室では、超高齢社会を迎えた日本において、社会保障に関する資源をどのようにコーディネートするかという理想のモデルを研究しています。また、福祉に関する様々な問題を抱える人々に対して、社会保障制度による支援と地域福祉による支援を組み合わせた、その人(世帯)に合った自立支援の構策を目指しています。

学びのフィールド

  • 社会福祉
  • 心理学
  • 幼児教育
  • 経済学
  • 経営学
  • リスクマネジメント
  • 法律学
  • ビジネス・日本語
  • 情報リテラシー
  • 時事問題

※若干の変更が生じる場合があります。

[主な卒業研究テーマ]
  • 住民同士が関心を持てる地域づくりのための一考察
      〜ソーシャルワーカーの視点から〜
  • 「子育て支援施策に関する考察」
      〜日本と東欧諸国の子育て環境の比較〜
  • 高齢者に対する地域福祉の在り方
  • 認定こども園の現状と課題
  • 障がい者福祉の現状と課題
      〜障がい者自立支援法と障がい者総合支援法を中心に〜
  • 中学生における不適応の要因分析
      〜パーソナリティ特性が中学生の登校回避感情とキレ衝動に及ぼす影響〜
Copyright Nippon Bunri University, All Rights reserved.