TOP > 教育(学部・学科) > 工学部 > 航空宇宙工学科 > Q&A よくある質問

航空宇宙工学科経営経済学部経営経済学科

Q&A よくある質問

卒業生は、全員が航空・宇宙分野に就職するのですか?
就職する分野は、航空・宇宙業界が最も多い進路です。しかし、工学の先端技術を習得できる本学科の特徴を活かして、自動車業界、機械設計・製造業界などに進む卒業生も多数います。
航空整備士資格は取得できますか?
航空整備士には大別すると2種類(一等:旅客機などの大型機整備、二等:セスナ機などの中・小型機整備)があります。これらの資格を有する人が国土交通大臣の代わりに整備した航空機の責任者となる重要な資格です。この資格を取得するには、学科試験合格、実技試験合格、実務訓練(3年程度)が必要です。現在、国土交通省の認定を受けている専門学校等では二等航空整備士資格が取得できる場合もあります。しかし、航空会社が大学卒業者に期待しているのは、在学中の資格取得ではなく、航空分野全般に関する知識と技術に加え、チームで作業を行う整備業務に必要なコミュニケーション力や協調性などの人間力が採用のポイントとなっています。ただし、航空会社によっては、「二等航空整備士学科試験合格」を採用条件にしていることがあるため、外部講師による特別対策講座を開講しています。
パイロットにはなれますか?
本学科では、パイロット養成を目的としたカリキュラムを組んでいませんが、航空宇宙分野全般を学ぶことのできる内容となっていますので、卒業生にはパイロットとして活躍している方もいます。航空宇宙に関する知識を身につけていくなかで、パイロット以外の職種に興味を持つ方もいるので、パイロットに限定するのではなく幅広く学ぶことで、自分の適性にあった職業を見つけることができます。
Copyright Nippon Bunri University, All Rights reserved.