TOP > 教育(学部・学科) > 工学部 > 建築学科 > 住居・インテリアデザインコース

建築学科建築学科

住居・インテリアデザインコー

社会の変化に対応できるデザイン力を磨いていく。

現在、インテリアデザインの考え方は室内空間だけではなく建築や都市計画まで幅広く活用されています。本コースでは住空間のデザインにとどまらず、商業施設のリフォームや公共施設のバリアフリーなど私たちの生活に関わるデザインについて考え、実践していきます。インテリアコーディネーターをはじめ、インテリア設計士、福祉住環境コーディネーターなどインテリア系の資格取得もしっかりとサポートします。

楽しんだデザインこそ、人を幸せにできる。

心地よい時間を過ごすイスやテーブル、照明など身の回りのインテリア、心が落ち着く家、緑と光が溢れるまち。暮らしを明るくするデザインは、まず自分たちが楽しむことから。デザインの無限の可能性を学びます。

研究 PICK UP!

人の好みや感性から“空間”をデザインする。

廣田篤彦准教授研究分野:環境計画/建築設計

大分市中心部は、大分駅の再整備計画や駅ビル建設が完了し、まちは人々が集うシンボル的な空間へと生まれ変わりました。このような大型プロジェクトにおいても、「人と人」、「人とまち」のつながりを考えた空間の創出が大切です。とりわけ住居空間においては、住む人の好みや感性が与える影響が大きくなります。どんなものに感動し、どんなものを好むのか。それらに配慮した「快適な空間」のあり方を追求しています。

インテリアデザインの視点から社会の課題を解決。

近藤正一教授研究分野:建築計画学/建築空間デザイン論

インテリアデザインは、私たちの生活に直接的に関わる分野です。古民家の再生や省エネを推進する環境設備の設置など、リノベーションの新しいアイデアや設計が注目されていますが、これらは空間認知や空間表現の力なしでは実現することはできません。本研究室では、空間認知や人間工学に基づく知見により、家具デザインから店舗設計、景観、観光まちづくりまで様々な社会的提案を実践。インテリア系のデザインコンテスト等でも、数々の入選実績があります。

学びのフィールド

  • インテリア・家具デザイン
  • 居住・商業空間デザイン
  • バリアフリー
    ユニバーサルデザイン
  • CAD、BIM、AR
  • サイン計画
  • リフォーム・リノベーション
  • インテリア
    コーディネート
  • エクステリア
  • デザイン研修

※若干の変更が生じる場合があります。

[主な卒業研究テーマ]
  • 住宅の選ばれ方に関する研究
  • アフォーダンス実験によるサイン設計
  • 韓国と日本のドラマに見るインテリア
  • BIMと3Dプリンタによるインテリアカスタマイジング
  • ホームインテリアにおけるプロダクトデザインの
      コラボレーション事例に関する研究
Copyright Nippon Bunri University, All Rights reserved.