TOP > 教育(学部・学科) > 工学部 > 情報メディア学科 > 情報コミュニケーションコース

情報メディア学科情報メディア学科

情報コミュニケーションコース

ICTの幅広い知識と技術を駆使できる力を養う。

スマートフォンやSNSの普及により、急激な変化を遂げた現代のコミュニケーション。これらの変化に対応する技術と知識を得るとともに、「ITパスポート」や「ビジネス能力検定」などの資格を取得しながら社会で必要となるプレゼンテーション能力やデータ分析能力を身につけます。さらに、ビジネス文書能力やデザイン・表現力、経済・法律・リスク管理の知識などバランスの取れた総合的な能力を養い、多方面で活躍できる人材を育成します。

IoTで変わる社会を、知る・考える・創造する。

様々なモノがインターネットにつながることで、私たちの暮らしやビジネスモデルが大きく変わろうとしています。そんな社会の動向をキャッチし、新しいコミュニケーションに対応するための感覚と知識、技術を身につけます。

研究 PICK UP!

社会に、ビジネスに、役立つICTの活用を学ぶ。

松永多苗子教授研究分野:ICT応用/システムLSI設計支援

スマートフォンなどの身近なものから、自動車や社会インフラに至るまで、私たちの生活は様々な情報電子機器に支えられています。さらに、様々なモノがインターネットにつながるIoT時代を迎え、膨大なデータが溢れています。これからはICTの開発者側ではなく、利用者側の立場からデータを適切に利活用できるためのICTスキルや、ビッグデータ分析などの実践力が求められます。高度情報社会に存在するものを幅広く学び、それらの技術やツールが社会に役立つための可能性を柔軟に発想できる人材を育てます。

高度情報化社会で活躍できる
バランスの良い人材を育成。

高文局准教授研究分野:社会情報学/メディア・コミュニケーション

Twitter、Facebookなどに代表される「ソーシャルメディア」の急激な普及によって変化したインターネット空間におけるメディア・コミュニケーション。その影響力は大きく、社会的関心も高まっています。本研究室では、インターネット空間を中心として行われるメディア・コミュニケーションの移り変わりを研究対象とし、多様なメディアとの関わりのなかで情報・知識が生産、流通、消費され、社会にどのような影響を及ぼしているかを考えています。このような社会の変遷を理解することで、高度情報社会を生き抜くために必要な力が身につきます。

学びのポイント

社会・ビジネスを支える実務的な仕事を目指す人

“いま”を支えるために求められる4つの領域

学びのフィールド

  • 情報社会学
  • Webシステム・
    デザイン基礎
  • 簿記・会計
  • インターネット基礎
  • Excel統計
  • デザイン基礎
  • 情報端末・SNS
  • リスクマネジメント基礎
  • ビジネス基礎

※若干の変更が生じる場合があります。


新しい社会・ビジネスを創造する仕事を目指す人

“新しい時代”を創るために求められる4つの領域

学びのフィールド

  • 情報社会学
  • Webシステム・
    デザイン基礎
  • IoT
    (Iternet of Things)
  • ビッグデータ解析
  • インターネット基礎
  • マーケティング
  • 情報セキュリティ
  • ベンチャービジネス
  • 経営・経済学

※若干の変更が生じる場合があります。

Copyright Nippon Bunri University, All Rights reserved.