TOP > 教育(学部・学科) > 工学部 > 情報メディア学科 > 情報工学コース

情報メディア学科情報メディア学科

情報工学コース

ICT産業界を支える次世代のシステムエンジニアに。

現代の生活に欠かすことのできないモバイル端末や、実用化が進む人工知能(AI)。私たちを取り巻く情報化社会は常に変化しています。本コースでは、暮らしとその発展を支える「ソフトウェア開発」「セキュリティ」「ネットワーク」などの分野を、時代の変化に対応しながら学ぶことで、様々な領域の技術を融合させる次世代のシステムエンジニアを育成します。

ICTを駆使して、社会の問題を解決。

高齢化社会における認知症患者の徘徊や独居老人などの問題に情報技術の観点からアプローチ。コミュニケーション支援システムや位置検出のための画像処理ソフトなど、それぞれのグループの研究成果を組み合わせて開発していきます。

研究 PICK UP!

人と人の「こころ」をつなぐシステムを構築。

福島学教授研究分野:ネットワーク情報工学

スマートフォンやSNSの普及で、人と人がつながりやすい世界になりました。しかし、一方的な発信は時として相手を傷つけてしまうなど、「こころ」のコミュニケーションがうまくできない場面もあります。この問題を解決するために、人同士がスムーズにつながる環境を創ることが本研究室のテーマです。また、脳波計などのセンサ、メディア処理技術、セキュリティ技術などを組み合わせ、少子高齢化の諸課題に対してICTが持つ無限の可能性を生かした解決方法を模索しています。

マイコンを駆使して、
手のひらサイズのロボットを開発。

鈴木秀男教授研究分野:数学/組込み

家電製品やロボット、自動車には、小さなコンピュータ(マイコン)が組込まれています。マイコンは、プログラミング・ネットワーク・制御・エレクトロニクスといった様々な技術が結集したものです。本研究室では、この技術をさらに発展させた、自律して動くモバイルロボットの開発に取り組んでいます。また、膨大な情報量を解析・分類できる知的データベース技術の構築にも取り組み、この研究に関連した特許を取得しています。今後も社会ニーズに応えるシステム開発を行っていきます。

学びのフィールド

  • 人工知能(AI)
  • データベース
  • メディア処理
  • ゲームシステム開発
  • ソフトウェア開発
  • セキュリティ
  • 組込み
  • Webシステム
  • ネットワーク
  • モバイル端末

※若干の変更が生じる場合があります。

[主な卒業研究テーマ]
  • ユーザ嗜好性を考慮した検索エンジンの開発
  • OCR(光学文字認識)プログラムの開発
  • 大分弁話し言葉を音声認識するソフトウェアの開発
  • 自動星座検出に関する研究及びツールの開発
  • ソフト開発における品質管理可能な開発方法についての研究
  • 話者識別システムの実用化に関する研究
Copyright Nippon Bunri University, All Rights reserved.