TOP > 教育(学部・学科) > NBUの授業を知ろう!!

NBUの授業を知ろう!!

履修登録/時間割

大学では、高校までとは異なり、自分の興味、将来の目標、卒業に必要な単位数などを考えて、自分自身で授業の選択・登録を行い、時間割を作成します。
1. シラバス/履修相談
シラバスとは、授業の目的・内容・成績評価方法・担当教員名などが書かれた計画書です。このシラバスを確認して、担当の先生と相談しながら、履修科目を決めていきます。
2. Web登録
受講する授業を決めたら、インターネット(学内LANシステム:ユニバーサルサポート)で履修登録を行い、各自の時間割が決まります。

セメスター制

授業が半年毎に完結する2期制(前期・後期)のことで、大学4年間のカリキュラムは8セメスター(学期)に分かれます。

科目の分類/種類

科目には「教養基礎科目」や「専門教育科目」などの分類があり、さらに必修科目や選択科目などの種類に分かれます。

卒業要件単位

卒業するためには本学に修業年数(4年間)在学し、各科目の分類から一定単位以上の単位を修得する必要があります。

学部 教養基礎科目 専門教育科目 教養基礎科目
または専門教育科目
合計(卒業要件)
工学部 32単位以上 88単位以上 4単位以上 124単位以上
経営経済学部 36単位以上

単位修得目安

卒業に必要な単位数は両学部とも124単位です。各年次の修得目安は以下の通りです。

学部 1年次終了時 2年次終了時 3年次終了時 4年次終了時
(卒業要件)
工学部 40単位 80単位 118単位 124単位以上
経営経済学部 36単位 72単位 108単位

他学部・他学科履修/単位互換制度

所属学科で開講されていない他学科の科目について、4年間で合計20単位まで、卒業要件単位数として認められます。例えば、経営経済学科の学生がWebデザインの勉強をしたい時、情報メディア学科で開講されている科目を「他学部・他学科履修」できます。その他、大分大学や放送大学など、協定機関の開講科目も履修できます。

副専攻制度

学部・学科の枠を越えて、自分の興味・関心のある科目を履修し、副専攻として認定するカリキュラム制度です。地域づくり副専攻やイングリッシュコミュニケーション副専攻などがあります。

成績評価基準/GPA制度

各科目の成績の評点は100点満点とし、評価基準は以下の通りです。また、GP(GradePoint)の平均値であるGPA(GradePointAverage)を算出し、学業成績の状況や学習の到達度を的確に把握できるようにしています。

区分 評価 成績評価基準 GP 評価内容
合格 S 90〜100点 4.0 特に優れた成績(Excellent)
A 80〜89点 3.0 優れた成績(Very Good)
B 70〜79点 2.0 妥当と認められる成績(Good)
C 60〜69点 1.0 合格と認められる最低限の成績(Satisfactory)
不合格 E 59点以下 0.0 合格と認められる最低限の成績に未到達(Failure)
Copyright Nippon Bunri University, All Rights reserved.