TOP > 学園案内 > 公的研究費等の不正使用防止等に関する基本方針

公的研究費等の不正使用防止等に関する基本方針

 この基本方針は、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)平成19年2月15日文部科学省決定、平成26年2月18日改正」に示される文部科学省または文部科学省が所管する独立行政法人から配分される競争的資金を中心とした公募型の研究資金(以下「研究費」という。)について、不正使用を防止し、適正に運営・管理するために必要な事項を定める。

機関内の責任体制の明確化

 本学全体の公的研究費の運営・管理、不正行為及び不正使用の防止に関し、最終責任を負う者として、最高管理責任者を置き、学長を充てる。

 最高管理責任者を補佐し、研究費の運営・管理、不正行為及び不正使用の防止に関し本学全体を統括する実質的な権限と責任を有する者として統括管理責任者を置き、大学教育長を充てる。

 本学の各部局における研究費の運営・管理、不正行為及び不正使用の防止に関し実質的な権限と責任を有する者としてコンプライアンス推進責任者を置き、次の者を充てる。

 ・ 工学研究科長
 ・ 各学部長
 ・ 環境科学研究科長
 ・ マイクロ流体技術研究所長
 ・ 産学官民連携推進センター長

 本学における各責任者等の責任範囲と権限、及び相互関係を以下のとおりとする。

適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

 公的研究費は多岐にわたり、使用ルールもそれぞれ異なるため、会計ルールや行動規範の理解不足による研究費の不正使用を防止する観点から、本学では以下の取り組みや環境の整備を行う。

不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

 公的研究費の不正使用を未然に防ぐため、本学では、本学全体の研究費の運営・管理、不正行為及び不正使用の防止の実態を把握・検証し、内部監査部門等と連携して、具体的な不正防止計画を策定、実施し、実施状況を確認する「不正防止計画部署」を大学事務本部学生2部大学総務担当に置く。

 最高管理責任者である学長は、不正防止対策の基本方針を策定・周知するとともに、それらを実施するために必要な措置を講じ、統括管理責任者及びコンプライアンス推進責任者が、責任を持って研究費の運営・管理を行えるよう、適切に指導力を発揮する。

研究費の適正な運営・管理活動

 物品等の購入に係る不正を防止するため、研究費による物品の発注・検収業務については原則として法人本部管理部購買担当により行う。また、不正な取引に関与した業者に対しては、取引停止等の処分方針を定める。

情報の伝達を確保する体制の確立

 本学内外からの研究の不正行為及び不正使用並びに公的研究費申請等に関する機関内外からの通報及び相談を受け付ける窓口を大学事務本部学生2部大学総務担当に置く。

 通報窓口:大学事務本部学生2部大学総務担当
 〒870-0397 大分市一木1727
 TEL:097-524-2770
 FAX:097-593-2071
 E-mail:soumu@nbu.ac.jp

モニタリングのあり方

 研究機関全体の観点から不正防止計画を推進するため、不正防止対策委員会を設置し、不正の発生要因の調査、不正使用防止計画の策定及び実施、進捗状況の把握等を行う。
 また、内部監査部門である総務部企画業務担当は不正使用防止対策委員会及び不正防止計画推進部署である大学事務本部学生2部大学総務担当と連携し、不正使用等を防止する体制及び不正の発生要因を検証することにより監査及びモニタリングを行う。

Copyright Nippon Bunri University, All Rights reserved.