日本文理大学

サッカー部新体制について

(2008/01/30)

日本文理大学サッカー部 新体制について

Challenge and Growing up

〜何事にもチャレンジし成長しつづける〜

この度、日本文理大学サッカー部は、株式会社大分フットボールクラブ(J1 大分トリニータ)のご協力のもと、新体制で更なる飛躍を目指すこととなりました。チームスローガンとして「Challenge and Growing up〜何事にもチャレンジし成長しつづける〜」を掲げ、「大学4年間は次のステージへの準備期間」と捉え、さまざまな分野で長く幅広く活躍できる人間形成を目指して、次のステージへステップアップします。


[日本文理大学サッカー部指導理念]


        ● スポーツを通して幅広く活躍できる人材育成
        

        ● 常に世界を見据えた個の育成
        

        ● 夢は必ずかなう、そして夢への挑戦

[新体制スタッフ及び主な経歴]

 

◇監 督:岡中 勇人(Okanaka Hayato)
 選手歴/ガンバ大阪→大分トリニータ、日本A代表(岡田・トルシエジャパン1998)
 指導歴/大分トリニータU-15・U-12GKコーチ、U-15日本代表GKコーチ、S級ライセンス

 

◇コーチ:由利 繁弘(Yuri Shigehiro)
 指導歴/全国高校サッカー選手権大会優勝監督(鹿児島実業)、大分トリニータU-15監督

 

◇コーチ:武藤 克宏(Muto Katsuhiro)
 指導歴/大分トリニータレディース監督

 

◇テクニカルディレクター:皇甫 官(Hwangbo Kwan)
 大分トリニータ経営企画室本部長・育成部長
 指導歴/大分トリニータ前監督

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サッカー部プロフィール

◆所  属:九州大学サッカーリーグ1部

◆ 部 員 数:107名

◆歩  み:

1992年 九州大学サッカーリーグ2部へ参加
1994年 サッカー部専用グラウンド完成
1996年 天皇杯出場(大分県代表)
1997年 サッカー部専用人工芝グラウンド完成
1998年 九州大学リーグ2部 優勝
1999年 九州大学リーグ1部 昇格
      天皇杯出場(大分県代表)
2000年 総理大臣杯全日本大学サッカー出場(九州代表)
      全日本大学サッカー選手権大会出場(九州代表)
2003年 全日本大学サッカー選手権大会出場(九州代表)
      天皇杯出場(大分県代表)
2004年 総理大臣杯全日本大学サッカー出場(九州代表)

◆過去5年間の実績:

[九州大学サッカー選手権]

2003年ベスト8/2004年優勝/2005年ベスト8/2006年3位/2007年ベスト8

[九州大学サッカーリーグ1部]

2003年準優勝/2004年4位/2005年5位/2006年6位/2007年6位

◆主なOB:

J1大分トリニータ   渡辺 博(チケット事業部)
              吉岡 宗重(強化部)
J2水戸ホーリーホック 西野 晃平(J1大分トリニータよりレンタル移籍中)
J2徳島ヴォルティス   岡本 秀雄
               福島 義史(強化部)
J2ロアッソ熊本     佐藤 佑介
               河野 健一
               宮内 祐樹(総務部)

◆施  設:

本学のサッカー専用コートには、ボールが適度に弾み、安心してスライディングができる、日本初のドイツ製焼き砂入り人工芝が張られています。トレーニング・リハビリ用砂場(25m×14m)やトレーニングルーム、照明設備なども充実。クレイサッカー場も隣接しています。

 

※サッカー部公式サイトはコチラ

 

 

閉じる