日本文理大学

【硬式野球部】九州地区選手権 3季連続優勝!

(2013/10/12)

本学硬式野球部は、大会最終日の10月12日(土)に藤崎台県営野球場で名桜大学(沖縄地区1位)と決勝で対戦し、8−0で勝利し、3季連続18回目の優勝を飾りました。

今回の優勝により、秋の神宮大会の出場校を決める「ユニバーシアード大会記念 第20回九州大学野球選手権大会 決勝トーナメント」に出場します。

「ユニバーシアード大会記念 第20回九州大学野球選手権大会 決勝トーナメント」は、11月7日(木)よりヤフオクドーム(福岡市)で行われます。

決勝の詳細は、次の通りです。

【10/12(土)第90回九州地区大学野球選手権大会 決勝トーナメント 決勝】

 名桜大学(先攻) vs 日本文理大学(後攻)

球場:藤崎台県営野球場
開始時刻:12:50
終了時刻:14:58
          1 2 3 4 5 6 7 8 9  計
名桜大学    0 0 0 0 0 0 0 0 0  0
日本文理大学 0 0 0 1 1 2 0 4 ×    8

(日本文理大学)
投手:橘
捕手:松田
本塁打:屋久 
三塁打: 
二塁打:前崎(3)

打っては、4回の裏の攻撃で主将・屋久(経営経済学科4年・県立清峰高校出身)のソロホームランで1点を先制。その後も前崎(経営経済学科3年・城北高校出身)の2点タイムリー2塁打などで8回までに14安打8得点をあげた。また、守りでは小刻みな継投が定着しているが、先発の橘(経営経済学科3年・県立鞍手高校出身)が一人で9回を投げ抜き、1安打12奪三振無失点の快投を見せ、完封で勝利した。

 

閉じる