日本文理大学

【女子ソフトボール部】全日本総合選手権大会壮行会

(2015/09/17)

     

 NBU女子ソフトボール部が、7/11、12に『第67回全日本総合選手権 九州予選大会』で初優勝を果たし、平成27年9/19(土)より岩手県花巻市で開催される『第67回全日本総合選手権』に4年ぶり2回目の出場を果たします。
 9/14壮行会が開催され、長澤監督、廣瀬キャプテンから力強い挨拶が行われました。

 

↑大会に臨む決意を述べるNBU女子ソフトボール部 長澤監督(左)とキャプテン 廣瀬さん(右:経営経済学科4年)

 長澤監督「今回、皆様の温かいご支援、ご声援のもと、『全日本総合選手権大会』に九州代表で出場することができました。選手たちの努力もさることながら、この恵まれた環境でソフトボールをさせて頂く事にご尽力くださった大学関係者、保護者の皆様に心より感謝申し上げます。

 さて、我々日本文理大学女子ソフトボール部は今回、『全日本総合選手権大会』に挑みますが、結果以外にも全国から集まった名門チームのプレーやプレー以外の“人間性”や“強み”を感じ取り、全国大会の舞台で胸をかりるつもりで学生であることを忘れず、全力でプレーをし多くを学んできたいと思います。引き続き、ご支援、ご声援を宜しくお願い致します。本日はありがとうございました。」

 廣瀬キャプテン「本日は、私たちのために、このような会を催していただき、ありがとうございました。私たちは、『全日本総合選手権大会』に出場し、初戦SGホールディングスグループソフトボール部と対戦します。これまで沢山の方々に支えられて、出場することが出来ました。感謝の気持ちを忘れず、まずは初戦突破を目指したいと思います。本日は本当にありがとうございました。」

 全国大会を前に、連日猛練習を重ねる女子ソフトボール部の様子や、本日開催しました壮行会の模様がニュース番組にて紹介されます。

             

閉じる