日本文理大学

(社)大分県建設業協会との連携協定調印式を行いました。

(2007/09/25)

平成19年9月25日(火)、(社)大分県建設業協会と連携協定を締結することとなり、大分市内にて連携協定調印式を行いました。

近年、18歳人口の減少や若者のものづくり志向の低減等から、大学受験においても工学部離れが進み、中でも「建築土木系」の衰退は著しいものがあります。このままでは優秀な人材が建築土木系へは進学せず、それは引いては、建設業界において若き優秀な技術者の確保が難しくなることを意味しています。この危機を乗り越えるために、人材の育成、社員のスキルアップ、倫理観の養成等を積極的に行い、大学および建設業界の活性化を図るとともに、地域の発展と安心・安全な社会の構築に大学と建設業協会が協働して寄与することで基本合意に至ったものです。

    

    

協定書を交わす(社)大分県建設業協会梅林会長と松原学長     

 

また、本学では、文部科学省の「平成19年度社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」にも採択され、10月5日より「建設技術者のためのICT活用セミナー」も開講することとなりました。

 

             日本文理大学 社会人学び直し推進事業のページ

 

 

閉じる