日本文理大学

公開講座「サイエンス最前線」を開催

(2007/11/12)

平成19年11月17日(土)、NBU日本文理大学創立40周年記念として、公開講座「サイエンス最前線 〜NBUからの発信〜」を開催しました。

講座には一般、教職員合わせて約80名が参加し、本学で研究開発を進めている文部科学省ハイテクリサーチセンター整備事業認定「トンボ型飛翔ロボット開発プロジェクト」の内容を分かりやすく紹介しました。また、各分野の最前線で活躍する研究者をお招きして基調講演や講座を開催ました。

 

【基調講演】

「地球環境とネイチャーテクノロジー ―残された時間―」講師:東北大学 石田秀輝教授

【公開講座】

「トンボ型飛翔ロボットの開発に向けて」講師:日本文理大学 磯貝紘二教授

「トンボに学ぶ空気力学と飛行力学」講師:日本文理大学 小幡章教授

「トンボのまわりの流れの観察」講師:日本文理大学 藤本達教授

「トンボの驚異的な飛行について」講師:日本文理大学 河邉博康准教授

「波力発電の実用化に向けて」講師:山口大学 羽田野袈裟義教授

 

   基調講演講師:東北大学石田秀輝教授

 

トンボ型飛翔ロボットに関する詳細はコチラ→

閉じる