日本文理大学

別科日本語スピーチ発表会を開催しました。

(2007/12/25)

平成19年12月21日(金)、菅記念講堂において「第18回別科日本語スピーチ発表会」を開催し、本学の別科日本語課程に所属する生徒12名が日本語でスピーチを行いました。

日本での生活で経験したことや感じたこと、母国との文化の違いなどを、ユーモアを交えたり情感をこめたりして述べ、会場には笑いや拍手が何度もおこりました。   

      

  スピーチの様子

 

    審査員

投票と審査員の審査により、受賞者は以下のとおりとなりました。

◆最優秀賞
方暁(ホウ ギョウ)/中国…『私は海が好き』

◆特別賞
陳胤安(チン インアン)/台湾…『日本の歴史上私が一番尊敬する人』

◆優秀賞
KATSUDA LEIGHTON MASATO(レイトン)/アメリカ…『彼女、お願いします』
慕琳(ボ リン)/中国…『それぞれの思い、それぞれの立場』

◆奨励賞
GRACIA HERRADA ERANDI(エランディ)/メキシコ…『先輩と後輩』
李ミン熙(イ ミンヒ)/韓国…『社会の中の独り身』

◆優良賞
張暁瑜(チョウ ギョウユ)/中国…『私の生活』
BERNAL LIRA MARGARITA(マルガリータ)/メキシコ…『2つの文化の中での私の生活』
朴鍾徳(パク ジョンドク)/韓国…『幸せの条件』
鄭拔髻淵献腑 チョルウ)/韓国…『日本の人々』
隋璐陽(ズイ ロヨウ)/中国…『早起きは何文の得?』
韋瑋(イ イ)/中国…『忘れられない一日』

  最優秀賞の方暁(ホウ ギョウ)さん

閉じる