日本文理大学

全国障害者スポーツ大会ボランティア

(2008/06/17)

大分県で平成20年10月から開催される「チャレンジ!おおいた大会(第8回全国障害者スポーツ大会)」のボランティア活動をしている学生がNHK大分放送で紹介されました。

ボランティア活動をしているのは、情報メディア学科3年 赤星 暢一君。特技のタイピングの速さを活かし、聴覚障害者に話の内容をその場で文字にして伝える「要約筆記」というボランティアを行っています。

  

タイピングの速さや正確さはもちろん、パートナーとのチームワークが大事と語る赤星君

日本文理大学では、この他に「チャレンジ!おおいた大会」の選手団ボランティアの養成を目標として、ボランティア養成講座「ボランティア論」「ボランティア実習」を実施しています。詳しくはこちら

閉じる