日本文理大学

【建築】スカイプを活用した遠隔講義がスタート!

(2010/10/19)

「スカイプ」を活用した遠隔講義で建築デザインの最先端を体感!

工学部建築学科「設計製図4(3年後期選択)」において、インターネット電話「スカイプ」を活用した遠隔講義が始まりました!

講義を担当するのは、イタリア在住の安田光男客員教授と本学科の近藤正一准教授です。

安田先生は、東京大学工学部建築学科を卒業後、伊東豊雄建築設計事務所で経験を積み、2001年に独立。現在はイタリアに在住し、イタリア政府公認建築家として、建築、インテリア、プロダクトデザインなど幅広い分野で活躍されています。
本講義は、世界の第一線で活躍する安田先生とインターネットを使ったテレビ電話で講義を進めていくという新しい試みです。
この試みによって、「わたしにとってデザインとは、建築やプロダクトを通して使う人が素晴らしい生活を、安全で快適に送るシーンをつくることだと考えております。人の生活をより円滑にする、そんな建築やプロダクトを、時間・コスト・技術・法律といった制限の中でいかに実現していくかということを大切にしております。(安田先生公式HPより抜粋)」という安田先生のデザインに関する考えを遠隔講義で体感し、感性を磨いていきます。

現在は、「店舗デザイン」をテーマに、「店舗の空間設計」と「インテリアエレメントのデザイン」の2つの課題に取り組み、コンセプトやデザインに関するプレゼンテーションを行い、それに関するアドバイスをいただきながら、それぞれの感性を磨いています。

安田先生に関する情報はhttp://www.nbu.ac.jp/AR/へアクセスし、「研究室紹介」→「安田光男客員教授LABORATORY」でチェックして下さい!
 
 
「スカイプ」を活用した遠隔講義の様子
 
建築学科に興味のある方はこちら→

閉じる