日本文理大学

【機械電気】ロボットに関する国際シンポジウム開催

(2011/01/27)

2011年1月27日から29日まで、大分県別府市ビーコンプラザを会場として「第16回人工生命とロボティクス国際シンポジウム(AROB16th‘11)」が開催され、日本文理大学工学部機械電気工学科杉坂政典教授が議長となり、世界各地から参加した研究者が最高水準の研究成果を発表しました。3日間の日程で、人工知能、人工生命、二足歩行ロボット、コンピューターグラフィック、制御技術等の様々な領域で、実用化のための新しい技術を開発することについて、議論を行います。

 

会場には世界各地から研究者が訪れた(1/27)

平居孝之学長(右)と杉坂政典教授(左)

 

 

閉じる