日本文理大学

工学部建築学科学生が活躍しています!

(2012/03/12)

 崑臺大学×日本文理大学合同卒業設計展 建築夢店」アートプラザ2階

日時:2012年3月12日(月)〜15日(木)まで
主催:大分大学、日本文理大学の学生
卒業設計で制作した作品を展示しており、設計事務所の方から講評を頂くなど
今後の設計技量の向上にも努めています。今回第2回目となります。

◆崑臺県建築士事務所協会 平成23年度大学生建築設計優秀作品表彰式」

日時:2012年3月8日(木)於:大分県木材会館
主催:大分県建築事務所協会
平成23年度大学生建築設計優秀作品表彰式が行われ、西村研究室所属、建築学科4年生山本 祥雄(ヤマモト ヨシオ)さんが最優秀賞(作品名:炭鉱文化ミュージアム〜地底からのメッセージ〜)、島岡研究室所属、建築学科4年生の坂本 真梨奈(サカモト マリナ)さん、小林 香緒里(コバヤシ カオリ)さんが優秀賞(作品名:放課後コミュニティー)を受賞しました。
大分県内の大学から優秀作品を2作品づつ選抜し、発表会を行い、大分県建築事務所協会から受賞されるものです。

エコハウス棟上げ
2012年3月8日(木)キャンパス内にエコハウスの木造在来工法による軸組みが建ちあがりました。この建物は環境に配慮した木造家屋の建造を建築学科学生の教育の一環として、設計から施工まで実習として行うものです。実習に参加した学生たちは、測量から基礎のコンクリート打ち、そして今回は棟上げまで、講義で修得してきた知識、技術が実際にどのように使われているのかを実地で体験し、建築に対する興味をさらに深めることができました。
今後は、環境に優しいエコロジー実践のため、パッシブデザイン(室内環境を快適に保ちつつ省エネルギーを実証、
実践していく手法)の実証実験に入っていく予定です。

 

 

 

閉じる