日本文理大学

日田災害復興支援ボランティアに参加

(2012/07/06)

 現在も、ニュース等でも大きく取り上げられている、7月3日からの梅雨前線の影響で甚大な被害にあった大分県北部(日田市丸山地区)の被害地域に対して、本学学生の有志が集まり、ボランティア活動に参加しました。日本財団学生ボランティアセンターの『水害ボランティア作業マニュアル』を参考に、準備を整え民家の床下にたまった泥かきなどをする作業を行いました。
 
学生にとっては、ただ単に人の役に立つということだけではなく、今後自分にできることを問い、悩む、貴重な体験になったと思います。
 復興支援ボランティアは週末も実施され、「あゆみプロジェクト」の関係で作業できない学生もいますが、20名ほど参加する予定になっています。作業中、日田市出身の卒業生や保護者の方々にもねぎらいのお声掛け等を頂きました。ありがとうございました。


 

 

閉じる