日本文理大学

ロボットプロジェクト入門1の成果発表会を開催

(2012/07/18)

 現在日本文理大学では航空宇宙工学科、機械電気工学科、情報メディア学科の3学科が協力してロボットプロジェクトを進めています。今回のロボットプロジェクト1は1年生を対象にロボティクスに重点を置き、ものづくりの基礎学習を目的として実施しました。また、3学科の壁を取り払ったグループ活動や、アクティブラーニングを通じた知識・技術の習得と人間力の向上も目的としています。

 内容は、LEGO MINDSTORMとBeuto Racer の2つを使用し、それに対するハードウェアの設計やソフトウェアの構造を理解するための演習を行いました。
 各班作製したロボットを競わせることで、性能やデザイン、動かし方などオリジナリティあふれるものに仕上がっていました。
講義に参加した学生たちが各班、パワーポイントを使ってプログラミングの構造や、ロボットの仕様の説明などを見せ方や表現方法に工夫をし、成果を発表しました。
プレゼンテーションを聞いている学生も、自分の班のロボットとの違いや、プレゼンテーション資料の違いなどを真剣に聞いていました。

この学科を超えてのこの取り組みは、1年生からものづくりの基礎を体験できることだけではなく、多様な視点から物事を見ることができる、他学科との交流の幅が広がる、リーダーシップ・メンバーシップが養われることなどが授業とプレゼンテーションの様子から窺えました。


  

  

閉じる