日本文理大学

「ビジネス系検定対策」「面接対策」就職セミナー開催!

(2012/08/07)

2012年7月30日(月)・31日(火)に「3C academy」代表の堅田淳子先生を講師にお迎えし、『ビジネス系検定対策』『面接対策』セミナーを開催致しました。延べ53名の学生が参加しました。
2日間に渡る就職セミナーでは、時間管理や上司への報告等の重要性、敬語や礼儀など今後社会人として必要なマナーや一般常識を学びました。
そのあと座学で学んだ内容の実践に入り、挨拶やお辞儀の仕方、椅子に座る姿勢など、個別に指導を受け自分の癖に気づくことができたようです。私たちも普段から、パソコンに向き合う作業も多く、ついつい前かがみの姿勢になってしまいます。また、椅子の生活がほとんどで、ソファーに深く座るなどなかなか背筋を伸ばすことが少ない生活環境で暮らしています。そのせいか、最初は緊張していたものの、たった15分の面接時間にも姿勢が崩れてしまうケースも多くなっていると採用担当の方からお聞きしました。
「採用試験では、第一印象で決まると言っても過言ではない」という言葉に、最初は半信半疑であった学生も、互いの練習でそれを実感した様子で、自ずと発声練習や入室練習などに力がこもっていたようでした。
 
とかく、自分自身では気づかないことも他の人の欠点は目につきやすいものですが、なかなかそれをわが身のこととして捉え、改善するまでには至らないものです。
最初は、堅苦しいと思っていたビジネスマナーも、学生同士が楽しく相互に学べる環境で行われたことで、自分が就職活動をするまでに身につけておかなければならない点を自覚でき、前向きにマナーの習得に取り組む姿勢が感じられました。
こうした効果から、今回のような環境づくりは重要だと思います。
本番で焦らないためにも、普段から心がけて下さいね。

 

 

2日目は個別面接指導が実施され、早速、昨日習ったことをいかすチャンスが来ました。
面接では、自分の強みをどのようにアピールしたら良いのか悩んでいた学生も、「すごくいいPRだからもっと自信持ちなさい」という先生のひと言で表情が明るく変わりました。
「今までそんなこと言われたことがなかった。誰にもそんなことほめられたことはありませんでした。」という学生。
鋭く指摘されたり、褒められたり・・・の1日でしたが、しっかり自分を見つめなおすことができたようです。
差し障りのない一般的なことを伝えておくだけではなく、「出来なかったことを出来るように指導する」ことで、学生が「自分の成長を実感して一歩前に進める」と考えています。
決して、褒めて甘やかすことばかりでなく、このような機会を活用し、あなた自身がしっかり自分自身に向き合い、自分の強みをさらに伸ばせるよう、進路開発センターでは、これからも、皆さんを全力でサポートしていきたいと思っています。
常時、情報センターの2階には5名の指導スタッフがいますので、いつでも相談に来てください。 

閉じる