日本文理大学

【情報】大分県デザイン協会主催「Design Cafe」で展示

(2012/10/05)

 9月28日から30日までの3日間、大分市アートプラザで大分県デザイン協会の主催する「Design Cafe」が開催され、情報メディア学科足立研究室から3、4年生学生有志が参加し、学科の紹介や作品の展示、説明を行いました。 足立研究室では、デジタル・グラフィックを研究しており、デザイン協会の中ではグラフィックデザインに近い分野となります。デジタル・グラフィックの作品展示のほか、今回は映像作品、ロボットのデザイン(システムとデザインを兼ね備えたもの。)の展示も行われ、関心が集っていました。3日間で800人近い来場者が訪れ、大変な盛況で多くの方々が展示を楽しまれていました。

        

 この催しは、大分県内のデザインに関連する団体や個人がそれぞれの仕事を紹介する場ともなっており、自分たちの作品の説明、解説を行うだけではなく、様々なジャンルのデザイナーの展示もあるため、作品づくりや将来の職種についても参考となる機会にもなっています。    

閉じる