日本文理大学

【情報】「サウンズコンテスト」最優秀賞受賞

(2012/10/18)

 10月6日(土)「第21回サウンズコンテストON THE COMPUTER<大分県情報サービス産業協会(OISA)主催>の公開審査が、ソフトパーク大分第2ソフィアビルのソフィアホールにて行われました。

                                  

 今回のコンテストには、全部で124曲の応募があり、NBUの情報メディア学科から学生4名が作品を応募、その中でフリー部門(オリジナル曲)で情報メディア学科2年金城工君の作品「Remember  my country」、トリニータ応援歌部門で情報メディア学科3年吉野伸哉君の作品「Get Going !TRINITA」が予選を通過しました。

                                <予選を通過した情報メディア学科2年金城君(左)と同学科3年吉野君(右)>

 公開審査の結果、吉野君の作品が見事最優秀賞を受賞し、昨年・今年と2年間連続での多田翔太君(情報メディア学科4年)の歌声に続き、吉野伸哉君の歌声が大分トリニータのホームゲームで流れることとなりました。こうしたコンテストへの参加は、他の作品から刺激を受け技術に磨きをかける機会ともなっています。

閉じる