日本文理大学

【情報】「大学発ベンチャービジネスプラン」第2次審査へ

(2012/11/12)

工学部情報メディア学科の学生が中心となったグループ(代表:工学部情報メディア学科4年 平居宏康さん 他7名)が提案するビジネスプランが「第12回大学発ベンチャー・ビジネスプランコンテスト」の第1次審査(書類選考)を通過し、第2次審査へ進出しました。

本コンテストは、九州経済局や福岡市等で構成される大学発ベンチャービジネスプラン実行委員会が主催し、大学発の技術シーズ等を活用したプランや、食や農、観光など九州の特色を活かした事業の実現に向けた具体性のあるビジネスプランを九州内の高専、短大、大学生等から公募したものです。第1次審査を通過した各団体は、平成24年11月16日(金)福岡市役所で行われる第2次審査でプレゼンテーションを行い、最終審査進出を目指します。

今回、第1次審査を通過した本学のビジネスプランは「ICTでかなえる『安心できる畜産業』と『安全で楽しい食生活』を両立する『生産者から消費者』連携育成ビジネス 〜緑JOY!飼うCow〜」というテーマで、安心・安全な食肉の実現に向けて牛が成長していく過程を生産者、流通、消費者に知らせる営みに着目し、従来の資金調達手段であるクラウドファウンディングを活用して継続的な地域連携ビジネスを実現していこうという提案です。

また、本プランにおけるシステム分野のアイデアは、「(社)日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門 フューチャードリーム!ロボメカデザインコンペ2012」の第1次審査も通過しています。


「ロボメカデザインコンペ2012」の詳細はこちら

閉じる