日本文理大学

日本語スピーチコンテスト 韓国人留学生最優秀賞

(2012/11/26)

 11月24日(土)に大分市のコンパルホールで行われた日本語スピーチコンテストにおいて、工学部機械電気工学科3年の高 多慧(ゴ・ダヘ/韓国出身)さんが見事、最優秀賞を受賞しました。
 このコンテストには県内の大学・短大・高専から1名ずつ、計8名の留学生が出場。本学からは高さんが出場し、「教科書に載っていない日本語」という発表テーマで、大分弁を交えたスピーチを披露。その見事な大分弁に会場から大きな拍手を受けていました。また、審査員からは大分弁とともに流暢な日本語、スピーチ内容が高く評価されました。
 
高さんは、先月行われた「第10回外国人による日本語スピーチコンテスト」でも最優秀賞を受賞しており、大分県内で行われる留学生による日本語スピーチコンテストで、見事、2冠を達成しました。

  
スピーチする高さん       出場者全員で記念撮影


最優秀賞を受賞し笑顔の高さん

閉じる