日本文理大学

「あゆみプロジェクト」メンバー福島での再会

(2012/11/21)

2012年8月に福島県の小学生を大分の地に招き行ったワークキャンプ 東日本大震災被災地復興支援“あゆみプロジェクト”。 (詳細はコチラ)

2012年10月26日〜11月18日にかけて福島県で行われた、文部科学省主催の「全国生涯学習ネットワークフォーラム2012」 (詳細はコチラ) での報告終了後、「あゆみプロジェクト」のメンバーは南相馬市に出向き、プロジェクトに参加してくれた生徒たちと再会を果たしました。TV放映された「未来の力になりたい」というテーマで映像や思い出を振り返り、成長を喜び合いました。ここで沢山の方々からお礼の言葉を頂戴したメンバーは、これからの取り組みについても大きな力を得ることができました。

再会を喜び合うメンバーと南相馬市の小学生、保護者の皆さん。新たな“あゆみ”の始まりです。

今回参加したあゆみプロジェクトメンバーのコメントを紹介しましょう。『小学生とまた会うことができて、本当に良かったです。しかしこれで終わりではありません。ここからが新たなるスタートとして頑張っていきます。』 これまでの一連の経験が、社会のために役立ちたいという意欲を高めていることを如実に物語っているようです。

 

閉じる