日本文理大学

学内合同企業セミナーを開催

(2013/02/02)

NBUでは就職活動が本格化するこの時期に、新4年生(現3年生)を対象とした「学内合同企業セミナー」を開催しています。
今年も1月31日、2月1日の2日間、県内外から約140社の企業のご参加を得て開催されました。多くの学生が参加し、希望の業種や職種の説明を聞いて、内定獲得に向けての決意を新たにしました。

  

   

(熱心の説明を聞く学生たち:写真上1/31、写真下2/1)

【募集担当者からのコメント】

機械設計エンジニア募集:ものづくりに対する好奇心を持って欲しい。授業だけでなく私生活、例えばアルバイトの中でも意識して過ごす心がけが必要と思う。仕事の中では自分の役割、立ち位置を洞察する力も大切になってくると思います。

施工管理・設計(総合職)募集:当社では馴れない営業でも入社当初は数年間やらなければならないが、積極的に話に耳を傾けてくれていた。こちらが投げかけたことに素直に応え、積極的に取り組む姿勢が大事と思う。

営業職募集:営業職のためコミュニケーション力を重視します。説明会等へは自分から積極的に接触してきて欲しい。声をかけられるのを待っているようでは(採用は)厳しい。人間性を見たいと思います。

総業種(営業、技術、管理)募集:専門性を持っていることに越したことはないが、文系、理系を問わずやる気のある人の成長は早い。今は技術がなくても、理解しようと努める人、人柄で販売できる人を求めています。自分が今まで苦労した経験、面白かったこと、自分のこと等を主に聞かせていただいています。


【参加した学生からのコメント】

工学部航空宇宙工学科:実際に参加し、会社説明を受けるとホームページで得た情報は大まかで、自分の感じ方で受け取っており、思い違いもあった。それが確認できたので良かった。2等航空整備士試験に合格しているので、希望は現場に出て航空機を整備することです。

工学部機械電気工学科学生:パソコン映像で見逃す情報もファイル等で自由に示してくれたので、わかりやすかった。製造業のなかでも総合職を狙っていこうと考えている。

工学部情報メディア学科学生(女子):地元スーパーの説明を受けた。昇進すればバイヤーとなり商品の値段を決めたり、チラシの製作にも携われそう。魅力を感じている。

工学部建築学科学生:建設会社、設計部門を希望。企業の説明を受けることが出来、参考になった。設計が好きなので、好きな事を生かして就職できたらと思っている。入社試験のスケジュール聞いて備える。大学の2級建築士資格対策講座で勉強中。

経営経済学部経営経済学科学生:在学中、教員の指導を受け日商簿記2級を取得。財務諸表の見方を学べたので、就活にも生かしていきたい。


本学の就職支援の取組みが「産経新聞」で紹介されました→

その他の「産経新聞の掲載記事はこちら→

 

  

閉じる