日本文理大学

「卒業論文・研究発表会」を各学科で開催

(2013/02/18)

各学科において「卒業論文・研究発表会」が行われました。
「卒業研究」は、4年間で培った知識や技術の集大成です。約1年間にわたって取組んできた研究について、各学科で学生達が15分程度の発表を行い、各学科の代表を選考しました。
各学科の代表として選ばれた学生は、平成25年2月21日(木)に開催される「平成24年度日本文理大学卒業論文・研究合同発表会」で発表し、今年度の最優秀研究・論文を選考します。

各学科の代表者及びテーマは以下の通りです。

【経営経済学科】

水野 景太さん
「地域コミュニティ構築を目的としたウォーキングマップづくり」

佐藤 秀樹さん
「わが国におけるIFRSの現状と今後の展望に関する研究」

奥間 英樹さん
「世間知らずのラプソディー 二十二分ノ四」

小野 泰章さん
「高校生における進路不決断の要因分析〜アイデンティティの確立・学校適応・友人関係の観点から」

【航空宇宙工学科】

溝口 菜月
「共振型羽ばたき翼の平面形状効果に関する数値的研究」

【機械電気工学科】

森 久志
「シート状プラズマジェットの照射条件が殺菌に与える影響」

【情報メディア学科】

田 智博・塙 航
テーマ「命を預かるという事」

【建築学科】

野中 貴文・藤澤 直也・宇土 浩之
「佐賀関・関あじ関さば通り商店街を核とした地域活性化策の実践と分析」

卒業論文・研究合同発表会詳細スケジュールはコチラ

    

  

  



 

閉じる