日本文理大学

シグマソサエティ役員就任式が実施されました。

(2013/07/01)

 6月26日国際ソロプチミスト大分から児玉会長をはじめ4名の方々のご臨席の元、平成25年度日本文理大学シグマソサエティ入会式が執り行われました。

 

 平居学長から挨拶と謝辞が述べられた。   新役員へ一人ひとり就任にあたっての意思確認。                 

 冒頭、平居学長から国際ソロプチミスト大分の方々へ「シグマソサエティの活動は盛んに行われており、学生たちもボランティア活動を通じて自分自身が成長していることを実感していると思います。そうした学生の様々な活動の推進に役立っており、お礼を申し上げます。」と日頃の活動支援に対する謝辞が述べられました。

 続いて役員の就任式が行われ、会長他新役員となる学生たちは名前を呼ばれるとそれぞれ証書を手渡され、新役員となる責任を力強い宣誓を行い、思いを新たにしているようでした。新会長となった工学部建築学科2年 村社 和也さんから「建学の精神を実践するためにもシグマソサエティでの活動を通じてボランティア、地域貢献の精神を養い、社会に役立つ人材となれるよう務めたいと思う。」と力強い宣誓がありました。

 

会員を激励する国際ソロプチミスト大分児玉会長。助成金贈呈も行われ、新たな活動開始です。

 新しい体制でスタートすることになった日本文理大学シグマソサエティは今後毎週月曜日に行われる地域の防犯パトロール等の活動を行っていきます。

 ※シグマソサエティ:青少年の奉仕の心の育成に努めるため、国際ソロプチミストが支援している短大生、大学生、専門学校生の団体のこと。シグマ(Σ)はギリシア文字のSにあたり、Service(奉仕)の頭文字を意味します。

 

 

閉じる