日本文理大学

交換留学生による報告会を実施

(2013/07/09)

 7月8日(月)5時限目「韓国語」の授業内で、本学の姉妹校である仁徳大学(韓国)にて交換留学を終えた桑原梨樺さん(経営経済学科4年)、増田友太さん(情報メディア学科4年)による報告会が行われました。交換留学は今年3月から約4か月間実施され、二人は現地で語学研修などを受けました。
 

 桑原さんは、最初にレベル分けのテストを行い習熟度に応じてクラス分けを行う事や、スマートフォンで使える便利なアプリ等の紹介等、今後留学を目指す学生に向けたアドバイスを行いました。大好きな韓国語を現地で学べる喜びや、改めて日本の良さに気づくことができた事、本学でも日本人と留学生の交流の場をもっと増やしたいと感じた事を報告してくれました。

    

 増田さんは、語学に加えC言語やプログラミング基礎についても学んだ事や、理解できない韓国語の問題を、プログラムの内容から理解するようにして授業をうけていたこと等を報告してくれました。また留学費用の事や、韓国ならではの街並みや食文化について写真で解りやすく解説し、長いようで短い留学生活を有意義に過ごすために予定を決める事の大切さを教えてくれました。

    

 二人とも資料からの情報だけでは決してわからない現場での細かな生情報を、スライドにまとめて報告してくれました。
 報告会を聴きにきた学生からも積極的に質問が行われ、留学への意欲の高さが見られました。
 最後に習得した韓国語での自己紹介など、留学の成果を披露して報告会は終了しました。

    

 桑原さん・増田さんは8月行われる「韓国語によるスピーチ大会」に出場予定であり、今後の活躍が期待されます。






    

    

    

閉じる