日本文理大学

実践!インターンシップ研修報告(2)

(2013/09/09)

 全国的にも観光地として知られる湯の街別府。今回は全国各地から多くの観光客が訪れる杉乃井ホテルでインターンシップ研修を行っている経営経済学科3年平山さんをご紹介します。

 

平山さんが研修でお世話になった杉乃井ホテルHANA館。眼下に別府湾を望むホールからの眺望は絶景!

  雄大な別府湾を望む杉乃井ホテル。別府で最大規模の大型リゾートホテルとあって宿泊するお客様が、ひっきりなしにホテルロビーを訪れる。そんな中、平山さんは、お出迎えをして荷物を運び、部屋番号を確認してお部屋をご案内する係りを担当。懸命に対応をしている姿がそこにありました。

      

 経営経済学科3年 平山 龍太さん               気持ちよく過ごして頂ける様お迎えするには・・

 NBUではサッカー部に所属し、スポーツビジネスコースで「日本のサービス産業」や「スポーツイベント実践」等を学んできた。今回、就職を考える上で明確な目標を定めるため、実際にお客様に喜んでもらい、お迎えするにあたっての礼儀、マナー等を学ぶべくホテル業界での研修を希望した。宿泊するお客様がチェックイン、チェックアウトする際の誘導、荷物預かり等の業務を担わせてもらうことで、体験なくしては得ることのできない接客のあり方を学んでいる。

 多くの人たちが日頃の疲れを癒して、心から楽しむことのできる受いれ方を体験していく中から、明確な進路目標を定めていくことができるに違いありません。

                                                                                                                                            (9月5日取材)

 NBUの人間力育成プログラムでは、学年を問わず希望者にはインターンシップの機会を提供しており、職業観の育成、体験を通して学修意欲の向上を図っています。

閉じる