日本文理大学

秋季卒業式、入学式が挙行されました。

(2013/09/25)

 9月25日秋季卒業式、26日に入学式が挙行され澄み渡った秋晴れの下、卒業生は新たな門出を、新入生は大学生活のはじまりを祝いました。

【9/25 平成25年度秋季卒業式】

   

 平居学長から工学部、経営経済学部卒業生代表者に卒業証書・学位記が授与されました。

 平居学長は式辞で「経済的な危機を克服することが今の時代大きな課題であり、アジア諸国の経済が成長しつつある今、夫々の国が発展していくことが期待されています。そのような状況下皆さんは、社会あるいは進学へと次の進路に踏み出そうとしています。卒業生の皆さんに求めたいのは、時代の変化の中に踏み出して、仕事や人生を左右すると思えるような状況におかれても、失敗を恐れず前進して下さい。NBUで学び身についたことが助けになり、なかでも建学の理念のひとつである“産学一致”はどうしてよいか判断に迷ったとき、解決への道筋を指し示してくれます。自ら創意工夫し国際社会に貢献されることを期待しています。」と述べ卒業生たちにエールを送りました。

   

 各学部卒業生へ挨拶をする島岡大学教育サービスセンター長(左)、後藤経営経済学部長(右)

 卒業式後、学部ごとに分かれ、工学部は島岡大学教育サービスセンター長、経営経済学部は後藤経営経済学部長から夫々卒業生に、お祝いの言葉が送られ卒業生たちは意気軒昂、NBUキャンパスを巣立っていきました。

【9/26 平成25年度秋季入学式】

   

 平居学長より、新入生へ入学許可宣言(左)、国と国との架け橋となるよう期待が込められた式辞が送られました。(右)

   

 入学生代表者から力強い宣誓。           教学部門各所属長の紹介も行われました。

 平居学長から新入生へ「本学の教職員とコミュニケーションを良くとって、他の学生と共に学び生活することを心がけて下さい。文化的、教育的における人の絆はますます深くなり、本学で学ぶ皆さんは国と国との架け橋となるよう成長してほしいと願っています。本学は「産学一致」「人間力の育成」「社会・地域貢献」の教育理念のもと人間力と専門能力、職業能力を兼ね備え地域社会を発展させるリーダーとなる人材の育成を目標としています。みなさんが有意義な学生生活を送ることができるよう我々教職員一同、最大限に努力をします。」と式辞が送られた後、新入生代表者から「学業に専念し、人間力の向上に努めます。」との宣誓が行われ、これから始まる新たな大学生活への第一歩を踏み出しました。

 

 

 

 

 

閉じる