日本文理大学

【工学部】「ロボメカデザインコンペ」2年連続入賞

(2013/12/10)

平成25年12月8日(日)、TNC放送会館(福岡市早良区)で行われた「(社)日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門九州地区競技会  フューチャードリーム!ロボメカデザインコンペ2013」の最終公開審査において、工学部情報メディア学科の学生が中心となったグループ「マッキイカ(代表:工学部情報メディア学科1年 牧 祐樹さん 他11名)」が昨年度大会の優秀賞に続き、佳作を受賞し、2年連続入賞の快挙を成し遂げました。

本コンテストは2007年度から始まり、ユニバーサルなデザインや人に優しい技術の向上を目的に、第一線で活躍するロボット研究者が審査するもので、今年のテーマは「航空宇宙産業におけるロボメカ技術」。第一次審査を突破した6チームによって、最終審査を競いました。

イカの特性に着目し、国際宇宙ステーション(ISS)内に浮遊するゴミの回収を行う掃除ロボットを提案しました。無重力の宇宙空間においては、ゴミは床に落ちず空間を浮遊するため、機器類の故障などを引き起こすことが問題視されています。ゴミと同じように空間を浮遊しながら移動するイカの特性を生かし、エラでゴミを回収するロボットとして「生物機構由来型おたすけロボット『いつもきれイカ』」を提案しました。

工学部の1年生を中心にしたチームにもかかわらず、2008年度の初挑戦以来、先輩達が積み上げてきた研究をベースに、新しいアイデアや技術を取り入れた今回の挑戦は、国公立大学や大学院生にも引けを取らず、審査員のJAXA担当者からも大絶賛され、見事入賞を果たしました。



  
     発表準備の様子           プレゼンテーションの様子

 
見事入賞したメンバー

【受賞メンバー一覧】
情報メディア学科   1 年 牧 佑樹 (大分県立情報科学高等学校 出身)
院)環境情報学専攻 1 年 河納隼一 (佐賀県立嬉野高等学校 出身)
院)環境情報学専攻 1 年 重黒木啓介 (宮崎県立延岡工業高等学校 出身)
院)環境情報学専攻 1 年 平居宏康 (ウィザス高等学校 出身)
情報メディア学科   4 年 池田雅哉 (佐賀県立佐賀工業高等学校 出身)
情報メディア学科   4 年 木村和樹 (宮崎県立佐土原高等学校 出身)
航空宇宙工学科   4 年 松井庸佑 (静岡県 出身)
情報メディア学科   3 年 篠原康平 (愛媛県私立松山聖陵高等学校 出身)
情報メディア学科   3 年 三浦和洋(日本文理大学附属高等学校 出身)
情報メディア学科   1 年 長野竜樹 (山口県立下松高等学校 出身)
情報メディア学科   1 年 井内智弘 (大分県立別府羽室台高等学校 出身)
機械電気工学科   1 年 田平元気 (長崎県私立長崎南山高等学校 出身)

 

閉じる