日本文理大学

【情報】大分トリ二ータ応援歌が披露されました。

(2014/03/18)

 3/9 大分銀行ドームにてプロサッカーチーム、大分トリ二ータのホーム開幕戦があり、今春情報メディア学科を卒業した吉野伸哉さん作詞、作曲の「We Love TRINITA」が大分を活動拠点とするご当地アイドルグループSPATIOの歌によって披露されました。この日大分トリ二ータはギラヴァンツ北九州と対戦し1 -0 で初陣を飾り、今シーズンの戦いにも勢いがついたようです。

                 

(C)OITA F.C.

作詞作曲者として挨拶する吉野さん

  

(C)OITA F.C.

当地アイドルグループSPATIOが「We Love TRINITA」を披露

 

 吉野さんは昨年10月に行われた大分県情報サービス産業協会(OISA)主催「第22回サウンズコンテストOn The Computer」トリ二ータ応援歌部門で最優秀賞を受賞したことで、この度のお披露目となりました。作曲はアコスティックギターを弾いて、歌詞を口づさみながら録音したものを聞き、コンピュータに打ち込んでいったと言います。応援歌ということで、幅広い世代の人が盛り上がる曲調を目指しており、今後この楽曲が多くの方々に親しんでいただけるとうれしいですと喜びもひとしおの様でした。

   

         発表を行う吉野さん(写真上左)と指導にあたった星芝准教授(右)

 2/20に行われた卒業研究・論文合同発表会では、「ローカルアイドルグループへのプロサッカーチーム応援歌提供に関する研究」のテーマで作詞、作曲の過程を発表し、最優秀賞を受賞しました。 

 NBU情報メディア学科では、コンピュータミュージック作品の製作を可能とするデジタルオーディオワークステーションを設置、これまでサウンズコンテスト等で数々の受賞作が誕生しています。その他映像作品を製作するスタジオやビデオ編集室等も完備。CG、コンピュータミュージック、映像、Webデザインなどのデジタルコンテンツクリエーターに必要な制作スキルと想像力を養います。詳しくはコチラ

 

閉じる