日本文理大学

未来に花を咲かせよう!オープンキャンパス開催

(2014/06/26)

6/21オープンキャンパスが開催され、小雨が降る中ではありましたが、多くの参加者がNBUキャンパスを訪れ、大学教職員、施設見学、教育内容の説明を受けました。

【全体説明会】

  

説明会(写真上)では、NBUの教育理念、、学科の説明、“地域創生人”育成特別入試等の紹介が行われました。

【工学部】

 

 航空宇宙工学科:H競蹈吋奪箸離侫Д▲螢鵐阿鮓学(左)その大きさにビックリ!煙風洞実験室(右)では、翼周りの空気の流れを見ることが出来き、揚力の説明を受けました。

   

 機械電気工学科:サッカーロボット(左)や3次元ソフトCATIAを使って学生が設計、製作したパワーショベルモデル(右)の動作を体験。モノづくりの醍醐味が味わうことが出来きたようです。

    

 情報メディア学科:自分自身の体を使ってゲーム等が行えるKINECT(キネクト)を使った実験(左)、ワールドカップもリアルにゲーム化できるかも?メディア工房ではコンピュータグラフィックスで製作した学生作品を紹介(右)しました。

     

 建築学科:設計教育で定評のあるNBU建築学科の作品を紹介(左)。学年ごとの教育メソッドの説明を受けゼミ室では、学生たちが製作した都市計画の模型説明が行われました。(右)学生のアイデアが実際に生かされる可能性もあり、夢が膨らみます。

【経営経済学部】

    

 スポーツの経済効果を学ぶスポーツビジネスコース(左)。サッカーワールドカップ開催中でもあり、教育内容やNSCA認定の教育プログラムに関心が高まります。福祉マネジメントコースのコーナー(右)では、心理学的な実践・分析により子ども・子育ての問題に迫る話題で、女子生徒の姿が目立ちました。

【ランチ体験】

                                   

見学の後は、学生食堂でのランチ体験も楽しみのひとつ。熱くなる季節、ソフトクリームが最高デス!

次回オープンキャンパスは7月12日大分市ホルトホールで開催。多くのご参加をお待ちしています。

 オープンキャンパスについての詳細はコチラ

                                         

                                   未来へ大輪の花を! NBUキャンパス内に咲いた朝顔

 

閉じる