日本文理大学

夏たけなわ!オープンキャンパス大賑わい

(2014/07/28)

 本格的な夏休みを迎えた7月26、27日の両日。第4回目となるオープンキャンパスが実施され、多くの高校生、保護者、先生方の参加がありました。

7月26日大分県中央空港エクステンションキャンパスにて開催

 

 航空宇宙工学科:(写真上豊後大野市の大分県央空港にあるエクステンションキャンパスにて航空整備体験を行いました。

7月27日NBUキャンパスにて開催

   

全体説明会:(写真上)参加者された方々に、スケジュール、教育内容等の説明後、希望学科への見学が始まりました。

【工学部】

 

航空宇宙工学科:(写真上コクピットトレーナーで在学生が、ジャンボジェット操縦席の機能を説明。(左)、H-Aロケット衛星フェアリング展示場所では、実際に人工衛星の開発に携わってきた教員から話も聞けて宇宙開発にも興味がそそられたようです。

   

機械電気工学科:(写真上)自動車のボデーで構造を説明。(左)。ロボットの紹介コーナーでは、サッカーロボットの研究、開発に携わる学生から、普段見ることができない部位の説明や動きの実演等が披露されました。企業で研究、開発に携わった教員からの解説や、在学生からの説明で専門技術の修得に向けて参加者の意識の高まりが感じられました。

  

情報メディア学科:(写真上)充実した実習施設を誇る情報メディア学科。メディアスタジオにて、画像の合成技術や、画像処理について、メディア工房では、プログラミング実習や、ロボットを動かすプログラムの説明が行われ映像から、音楽、ICTの可能性に到るまで様々な見学、体験を行ってもらうことができました。

 

建築学科:(写真上)製図室にて、設計段階に入る前に様々な検討を加える講義の進め方について紹介されました(左)。展示室では4年生になると卒業研究で、大きな模型を作成することもあるが、自分なりに努力をつみ重ねていくことで、次第に下級生たちが手伝うようになり、協力して作り上げていく様になる話等を聞き、創作活動の醍醐味を感じてもらえました。

 【経営経済学部】

 

 経営経済学科:(写真上)NBUの経営経済学科には、「地域」と「実践」をキーワードにした5つのコースがあり夫々のコースのブースにて教員、在学生から教育内容を説明、福祉マネジメントコース(左)と地域マネジメントコース(右)では在学生から体験を交えた話を聞くことができました。

 

 ランチ体験:(写真上)昼食時には、在学生から大学の様子を詳しく聞くこともできました。暑い盛りのこの時期、学食のソフトクリームもまた格別なおいしさです。

 

入試説明:(写真上)各学科ごとに、入試についての説明も行われ、新たな入試区分についても詳しく話しを聞きことが出来ます。情報メディア学科(左)と航空宇宙工学科(右)の様子。

 次回のオープンキャンパスは8月9日(土)、24日(日)に行われます。実際の学修する場に身をおくことでNBUキャンパスライフへの理解を深めることができます。

 NBUオープンキャンパスのお申し込みはコチラから、多数のご参加をお待ちしています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閉じる