日本文理大学

【工学部】深まりゆく秋・大学見学開催

(2014/10/31)

 キャンパス内の銀杏も色づき始め、学園祭・一木祭を前後したこの時期。気候も良く、見学にふさわしい季節を迎え、大分市内高校PTA、保護者・教職員会の皆様がNBUキャンパスを訪れ、工学部の各施設等を見学されました。

【10/16大分県立情報科学高校PTAの皆様】

  

 見学前に情報科学高校を卒業し、NBU工学部に進学した先輩在校生から、大学生活や進学動機等を話してもらいました。情報メディア学科1年竹下さん(写真上左)は、オープンキャンパスを活用し、将来の希望職種を考えて進学を決意したこと。入学してからは、大学行事の運営や、防犯マップづくり等の地域貢献活動を行ったことを、機械電気工学科4年米田さんは、進学した際高校時代の先輩がたくさんいて助かったことや希望の職種に内定したことを報告。参加者からも熱心な質問がありました。(写真右)

  

 工学部機械電気工学科武村研究室のサッカーロボットや水中ロボット等を見学(写真左)。情報メディア学科メディアスタジオでは、実際のスタジオで撮影の様子を体感しました。(写真上右)

              

 工学部航空宇宙工学科格納庫にて:航空機や宇宙関連機材の実物を見学し、本物を使用して、その仕組みを理解した上での技術教育に納得いただけた様でした。(写真上)

 

【10/21大分県立爽風館高校保護者・教職員会の皆様】

    

 NBU工学部航空宇宙工学科4年田部さんがNBU進学を決めたきっかけや今夏、初出場・初優勝したカンサットプロジェクトに携わった経験から得たことを真摯に語ってくれました。参加者からも質問が相次ぎました。(写真上)

    

 工学部機械工学科武村研究室で、学生が自作したPiko EVカー等を見学。皆さんサッカーロボット等の実演を交え機械と電気双方がわかり、社会に役立つロボット技術を目指す取り組みの説明に、熱心に聞き入っておられました。(写真上)

                

  学生が制作した優秀作品の展示に見入る参加者の皆様(写真上)。工学部建築学科展示室では、1年次からの設計教育の流れを展示したコーナーで、NBU建築学科の設計教育メソッドの一端を垣間見ていただけました。

 NBUでは、ミニオープンキャンパスを開催し、教育内容、施設、設備をご覧頂く機会を設けています。進路選択の際のご参考に、是非ご活用下さい。詳しくはコチラをご覧下さい。→ミニオープンキャンパス

   

           NBUキャンパス・野外劇場付近(写真上左:10月、右:11月)

 

 

 

 

 

 

閉じる