日本文理大学

【人間力】ある日の人間力育成センター

(2014/11/28)

 11/27人間力育成センターは、週末に開催される「お仕事体験」や、「若者大分がく(仮称)」、そして来月開催される「サンタ!サンタ!サンタ!」の準備、更には今月中旬に行われた「森づくり大会」の反省会と、各プロジェクトの準備、実施後のレポート作成などで活気を呈していました。夫々の活動を覘いてみると・・・・

【お仕事発見ランド】

11/29(土)大分市主催の「人権フェスティバル2014」の併設イベントとして、“こどものお仕事発見ランド”を開催。NBU教員、学生たちが地域の子供たちに将来の仕事に興味を持ち、地域の担い手となってもらえるよう8つのお仕事体験ブースを設けます。

   

                                ´

,困蕕蠅箸修蹐辰織ぅ戰鵐藩兔猗品。事前準備もプロジェクトのスムーズな遂行のためには、欠かせません。

大分市主催の併設イベントとして、今週末(11/29)に行われる今回の催し。子供たちを対象に8タイプのお仕事が体験できるコーナーを設けるとあって、それなりの準備を行わなければなりません。そこには今まで様々なプロジェクトに参加してきたメンバー(経営経済学科3年)が、その体験豊富な腕を買われて看板づくりに精を出す姿がありました。催しは大分市佐賀関の佐賀関公民館で行われます。お近くにお住まいの方々。是非足をお運び下さい。

【サンタ!サンタ!サンタ!2014】

 12/7(日)に開催される「サンタ!サンタ!サンタ!2014」。学生と保育園児がサンタクロースに扮し、大分市セントポルタ中央町・府内五番街をパレード、大分中心市街地活性化の取り組みとして今年で5回目となるこのイベントに、新たなメンバーが加わってイベントを盛り上げようと準備に余念がありません。

 

 

                               

 今回初めて参加するという工学部情報メディア学科1年生の2人。内一人に話を伺うと将来は、高校教員を目指しているため、こうしたプロジェクトに参加することで経験を積んで、将来に活かしたいといいます。「一般教養講座」での知識面の備えもしているとのこと。今日は一緒にパレードに参加してくれる保育園児たちへのメダルづくりに勤しんでいました。・・・“街中を共に盛り上げていこう!”・・きっと二人の想いが伝わることでしょう。

 い海舛蕕老弍跳从儚慍覆2年生、今回初めて参加するとのことで、きっかけは社会参画関連科目での取り組みに参加して、座学だけでは味わえない充実感を感じたと言います。工学部で知らない人と関われるのも魅力のひとつと、一緒にゲームで使う箱づくりに取組んでいました。「とにかく体を動かすことが好きなんです。」と語ってくれた彼も、これから多くのプロジェクトに参加して、貴重な経験を積んでくれることでしょう。

【第14回豊な国の森づくり大会・反省会】

 こちらは参加したイベント(豊な国の森づくり大会)の反省会。聞くと参加行事のレポートを作成し、次年度に活かしてもらうためといいます。学科の枠を越えてこうした活動に参加し、自分が感じたことを議論し合えるところも、人間力育成センターならではの光景です。

  

 ァ                            ´

 セ裕┐凌好廛蹈献Дト副リーダーを務める2年生(中央)と1年生リーダー(左)は共に経営経済学科。1年生副リーダー(右)は機械電気工学科学生が務めます。ポストイットに意見を書き込み、項目ごとに整理しながらレポートを作成していました。会議の進行も自然に身についているようです。

λな国の森づくり大会に参加した学生たち。世界農業遺産等、次代に引き継ぐ森づくりを目指し11/15大分県豊後高田市で実施され、四季の森プロジェクトメンバーを中心として約40名が参加自然観察林整備に汗を流しました。

【学生地域活動の発表準備】

                

                 

四季の森プロジェクト・学校林班に所属する経営経済学科2年と機械電気工学科1年の二人は、日曜日に行われるイベントでの発表の準備中。10分間で自分たちの取り組みを紹介するコーナーがあり、プレゼンテーションの仕方を話し合っていました。他のプロジェクトでもいえることですが、異なる学科の学生たちが持ち味を出し、協力しあうことで事を成し遂げてきたことが、自信となり取り組みの輪が広がっていくのでしょう。

 如何でしょうか。他にもまだまだ紹介しきれないプロジェクトが盛りだくさん、NBUで様々な取り組みに参加し、“人間力”に磨きをかけてみませんか。コチラもご覧下さい⇒現役NBU生のホンネ

 

 

閉じる