日本文理大学

第3回オープンキャンパス2015を実施

(2015/07/28)

7/26第3回目となるオープンキャンパスが開催されました。折りしも台風12号の接近が心配されましたが、大きな交通の乱れもなく、時折夏の強い日差しが差し込む中、無事に予定どおりの日程で開催することができました。

 【全体説明会】

 

 ↑夏休に入り、大勢の参加者がNBUキャンパスを訪れ、希望学科や様々な取組を見学。説明会では大分全域を教育のフィールドに、地域創生人材の育成を図る取組等を紹介(右)。

 【工学部】                                                             航空宇宙工学科

  

↑航空宇宙工学科は前日(25日)も開催しました。豊後大野市にある大分県央空港エクステンションキャンパスで整備実習を体験。

 

↑NBUキャンパス施設内での3次元設計ソフトCATIA体験コーナーでは、在学生が設計の仕方を講習します(左)。衛星フェアリング実物の展示場では、実際に使用されている部材試料を手にとり最先端技術に触れることが出来ます(右)。又、トンボの飛行に関する最新鋭の研究から開発が進められている「マイクロ・エコ風車」や、在学生の活動「カンサット・プロジェクト」に携わる教員や、在学生から直接話を聞くことができます。

機械電気工学科

 

↑将来のモノづくりを担う、技術者を育成していくため、工学部では3学科(航空宇宙・機械電気・情報メディア)共同での講義「ロボットプロジェクト」が行われている。その講義で作られた電子ホタルで、ほのかな明かりを再現(左)。独特の機構を使ってボールを操ることができるサッカーロボット等、研究の成果が展示されている。メカ好きな高校生にとっては、開発意欲がそそられること間違いなし!

情報メディア学科

   

↑本格的なスタジオを備えた実習室。最近のコンピューターを用いたデジタル画像の出来には、目を瞠るものがありますが、どんな立派な画像を配信するにしても、配信する側には、どのような技術、心得が求められるのか?左)左手を上げると人が映って、右手を上げると・・・・???どんな画像になるかは来てのお楽しみ。プロジェクトラボ(工房)では、コンテンツクリエーターを目指す方にとっては、興味津々の設備がもり沢山!(右)制作関連を目指す方には、必見の価値有りです!

建築学科

  

↑NBU建築学科には、建築、インテリアデザイン、環境・地域創生の3コースがあり過疎化や高齢化、福祉住環境、リフォーム等、只建物をつくるのではなく、広く地域社会に関わるあり方を求め、地域や社会貢献できる技術者を育てます。夫々のコースで学生の作品、教材、学科での取組等を教員、在学生がわかりやすく説明してくれます。 

【経営経済学部】                                                    経営経済学科

  

↑NBU経営経済学科には激変する社会ニーズに対応する5つの専門コース(地域マネジメント、ビジネスソリューション等)があります。

 社会生活を営む上で、現在の水準を維持するためには経済の活性化が欠かせません。その基となる企業活動の進展のためには、経営戦略・マーケティングの知識を修得する事が今や必須条件といえます。 ビジネスソリューションコースの説明ブースでは、きっとその事を納得していただけることでしょう。(左)

 地域社会の中で子育て支援も、とても重要な課題となっています。こども・福祉マネジメントコースでは子育てから高齢者の問題まで、幅広い視野で福祉のあり方を学んでいきます。コース説明コーナーでは、新設された「幼保連携型認定こども園」への移行にも対応する「幼稚園教諭免許・保育士資格」取得課程について、詳しく説明を聞くことが出来ます。(右)

【ランチタイム】

 

↑学生食堂では、ランチメニューを召し上がっていただけます。暑い最中、ソフトクリーム又はドリンクもついてます!

  

↑女子にとっては、実際の大学生活も気になるところ。そんな人のために“N女cafe”をオープン!ここではN女(NBU女子学生)たちが女子力アップ講座で学んだおもてなしの心で、キャンパスライフについて気軽におしゃべりしてくれますよ。是非来て見て下さい!

 台風一過、梅雨も空けたら本格的な夏へ・・・高校生の皆さん、NBUオープンキャンパスはこれからまだまだ開催致します。1,2年生も大歓迎。多くの方々のお越しをお待ちしています!⇒詳しくはコチラ

 

 

                                              

 

 

 

 

閉じる