日本文理大学

【機械電気】NBU・ジャパンマイコンカーラリー2016大分県大会を開催

(2015/10/22)

                 

 マイコンカーとは、マイコンボードを搭載し、制御された“完全自走式マシン”のことで、高校生が独自に製作し、プログラミングによるレースで性能を競う各種大会が開催されています。メカ好きな高校生の皆さんにとっては、夢中になって取組める魅力もあり、教育上C言語によるプログラミング、機械の加工技術、電気部品の知識等を楽しみながら修得でき、創意工夫して技術を高める効果もあることから、工業系の高等学校を中心に広がっており、毎年NBUを会場に催されて9年目になり、本年度は工業部会の大分県大会を兼ねて実施し、「NBU・ジャパンマイコンカーラリー2016大分県大会」(主催:大分県高等学校教育研究会工業部会、NBU)として大分県下から工業系高等学校8校が出場し、マシンの性能を競いました。               

【10/17大会前日】 会場の準備とマシンの調整と試走

                  

    

  ↑出場校の先生方、生徒たちが協力して、会場の設営を進めていきました。

    

 ↑会場の設営が一段落したところで、試走とマシンの調整を行いました。

                  

        ↑大会会場となった4号館μ(ミュー)スクエア。出場校の、のぼりがはためきます。

 【10/18 大会当日】

  

 ↑来賓挨拶:大分県教育庁高校教育課 小林指導主事による挨拶(左)。選手宣誓:選手代表による力強い宣誓が行われました(右)。

   

↑車検:出場前には、指定の部品で製作されているか等、検査を受けます(左)。選手は手塩にかけて作り上げたマシンでラリーに臨んでいきます(右)。 

                    

ラリーが開始されるや、2つのクラスで次々にマシンが次々に疾走していきました。残念ながらコースをはずれリタイヤするマシンもありましたが、出場者は次回に繋がる貴重な経験を積むことが出来ました。

【閉会式】

                

大会実行委員長 平居学長(NBU:写真左)、高倉校長(大分県立大分工業高校:写真右)から表彰状を授与されるAdvanced ClassとBasic Classの優勝、準優勝、3位入賞者。

【大会結果】敬称略

BasicClass 

優勝  大分県立鶴崎工業高校  電気科1年  佐々木俊祐(ササキシュンスケ)逆刃刀(サカバトウ)  

準優勝 大分県立日田林工高校 電気科3年 小川 直斗  (オガワ ナオト)  ススキ 

第3位 大分県立鶴崎工業高校 電気科1年 板倉 駿平 (イタクラシュンペイ)  IS(イズ

AdvancedClass

優勝 大分県立鶴崎工業高校 電気科3年 穴井 唯斗(アナイ ユイト) 5-5-6(ゴーゴーロク

準優勝 大分県鶴崎工業高校 電気科1年佐村 康暉 (サムラ コウキ) マイコンカー 

第3位 大分県立鶴崎工業高校電気科1年 泉 優万 (イズミ ユウマ)4Star(フォースター

尚、BasicClass上位4台とAdvancedClass上位15台は、11/8沖縄県立浦添工業高校で行われる九州大会に出場することになっています。

 

閉じる