日本文理大学

【情報メディア】サウンズコンテスト最優秀賞受賞(トリ二ータ応援部門)

(2016/02/08)

1/30大分市ホルトホールにてOISA(大分県情報サービス産業協会)主催、「第24回サウンズコンテストOnTheComputer」が開催され、情報メディア学科学生も多数応募し、そのうち選考を突破した2年 前嶋友希さんがフリー部門に、大嶋 優さんが応援歌部門の公開審査に臨みました。サウンズコンテストとは、コンピュータを利用して制作された応募作品から候補曲を選び、公開審査形式によりグランプリ他各賞の選出、表彰を行うコンピュータ・ミュージック・コンテストです。本学からは過去トリ二ータ応援歌部門で3回最優秀賞を受賞し、受賞曲は大分トリ二ータのホームゲームの際に披露されてきましたが、回を重ねる毎に応募作品の数、レベルも上がってきています。

 今回はトリ二ータ応援部門で大嶋さんの作品「Get Chance !TRINITA」が最優秀賞を受賞。開幕戦(ホームゲーム)にて曲をトリ二ータに贈呈し、シーズン中ゲーム前に披露されることになっています。 

                

 ↑最優秀賞を受賞した情報メディア学科2年生大嶋さん(右)と指導にあたった星芝准教授(左)。

 受賞した大嶋さん「自分の作った曲がこうしてトリ二ータの応援歌に採用されてとても光栄に思っています。みなさんにぜひ歌ってもらって覚えてもらって、トリ二ータの勝利に貢献できたら嬉しいです。」

 当日の模様は情報メディア学科で「映像制作」を学んだ学生がカメラ3台を使って撮影し、「ネットワーク」を学んだ学生がインターネット中継を行いました。コチラもご覧下さい⇒情報メデイア学科トピックス

 尚、大嶋さんの受賞作品「Get Chance !TRINITA」は、3/13大分銀行ドームにてご当地アイドルSPATIOの皆さんによる歌唱とダンスで披露される予定です。※大分トリ二ータ2016シーズン 第1節 3/13(日)14:00 対戦チーム:AC長野パルセイロ  試合会場:大分銀行ドーム

閉じる