日本文理大学

第49回一木祭を開催しました

(2016/10/19)

平成28年10月15日(土)・16日(日)の2日間『第49回一木祭』(学園祭)を開催しました。初日の土曜日は秋晴れで天候に恵まれましたが、日曜日は午後からあいにくの雨模様となりました。天候にかかわらず、両日とも大変多くの地域の方々にもお越しいただき、準備していた臨時駐車場も全て満車になるなど例年以上に盛況に開催されました。

今年のテーマは「環(WA)〜 こころをひとつに 〜 」でした。今年4月に発生した熊本・大分地震は、学生たちの身近で発生したこともあり、様々な人やコミュニティとつながっていると感じ、その大切さを改めて確認しました。その思いから、今年は「 環(WA) 〜 心を一つに〜」、一木祭をコミュニティを広げる良い機会ととらえ、日本文理大学の学生たちだけでなく、地域の人たちとともに「 環 」になって「つながり」、一木祭を楽しめるように、みんなで力を合わせて盛り上げていきたいと考え、開催しました。

一木祭当日は、学生が主体となって運営した模擬店やステージ企画、昨年から実施している「小学生のお仕事発見ランド」や消防車やパトカー、自衛隊の災害支援車を展示した「働くクルマ大集合」、毎年恒例となっているチアリーディング部の公演など、小さなお子様から大人の方々まで多くの方々にお集まりいただき、大盛況に終わりました。

今回のテーマの通り、一木祭を通して、来場いただいた方、それぞれがコミュニティの「環(WA)」を確認することができた学園祭となったのではないでしょうか。

多くの方にご来場いただき、一木祭が盛況のうちに終了できましたこと、改めて御礼申し上げます。

 
ステージ企画の様子

 
模擬店通りの様子

 
働くクルマ展示の様子

 
小学生のお仕事発見ランドの様子

 
チアリーディング部公演の様子


閉じる