日本文理大学

【情報メディア】大分合同新聞サイトの動画チャンネルに作品紹介(10)

(2017/02/17)

大分合同新聞サイトの動画ニュースチャンネルに、工学部情報メディア学科メディアデザインコースのゼミ生を中心として作成した動画コンテンツが掲載されています。

                

          ↑ 撮影中の情報メディア学科学生(左から後藤さん、高山さん、前嶋さん

 ディレクターを務めた高山真慶さん(情報メディア学科3年:日本文理大学附属高等学校出身)は、「画像を創る際には、こういう風につくろうというシナリオを考えるのですが、子供たちは自由に動き回り、予想外の動きをします。子供の元気さをナチュラルに出すのが、難しかった。当初の案とは違う“絵”にはなりましたが、子供たちの元気さが自然に醸し出されて、かえっていいものになったのではないでしょうか。又、いままで撮影することが多かったのですが、ディレクターを務めさせていただき、自分の思いを作品に反映することができました。イメージとしては、明るくカラフルな画像に編集できたのではと思っています。」と制作に際しての思いを語ってくれました。

 今回は節分行事を行う園児が取材対象だったため、テロップを多用したり、画面を揺れさせたりして、遊び心ある作風にまとまっています。

 コチラをご覧下さい。⇒「大分合同新聞サイト Gate Ch(ゲートチャンネル)」

                   節分」新聞紙で作った豆で鬼退治

 

閉じる