日本文理大学

【情報メディア】「大分ふるさとCM」大賞審査会に参加

(2017/02/27)

 OAB大分朝日放送主催「大分ふるさとCM大賞」に情報メディア学科 小島研究室と星芝研究室で合同で制作にあたった『ふるさと関の味』がエントリー。2/26審査会が行われ残念ながら入賞は逸しましたが、今回の経験を活かした次回作が期待されます。 『ふるさと関の味』の撮影では、船が止まってゆーらゆら。船酔いの経験をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、学生が、荒波の上での撮影でホント大変だったんです。あれもこれも言いたいけれど、テーマを絞って、「一本釣り」に拘りました。何より撮影に協力して下さった漁師さんが喜んでくださったことが嬉しかったそうです。尚、大分市佐賀関では、今後、関サバの一本釣りの映像が必要になった時にこの作品を活用して下さるとのことです。

 コチラから作品をご覧いただけます。⇒OAB大分朝日放送サイト 「大分ふるさとCM大賞vol.14」【大分市】  ※作品はOAB大分朝日放送にて10回オンエアされる予定です。

                  

↑審査会場にて 情報メディア学科 小島教授(左)と作品のディレクターを務めた後藤和典さん(中・情報メディア学科3年)

閉じる