日本文理大学

平成28年度卒業証書・学位記授与式を挙行

(2017/03/21)

2016年3月18日(土)、日本文理大学・日本文理大学医療専門学校の平成28年度卒業式が執り行われました。 

  

 ↑卒業証書授与 平居学長より、卒業証書を授与される工学部 建築学科 代表者(左)と経営経済学部 経営経済学科 代表者(右)

 式辞

              

↑平居学長から、大学、専門学校を通じて培われている人間力で、21世紀の未来を担い、将来社会のリーダーとして活躍されることを期待しますと祝辞が送られました。

 理事長告示

              

 菅理事長から、大学、医療専門学校を旅立とうとする卒業生の皆さんへ未来を見据え、新たな価値を創造できるよう、文理学園で培った力を発揮して社会で活躍してほしいと期待が込められた告示が送られました。

  来賓祝辞

  

↑大分市長 佐藤様代理として登壇された大分市教育長 三浦様からは江戸時代中期に野津原で水不足に苦しむ地域の灌漑用水確保のため私財を投げ打ち、生涯を井路の開発に捧げた工藤三助(くどう さんすけ)の功績が話され「皆さんも地域のため活躍していける人となって下さい。」と、 そして同窓生のお一人でもある別府市長 長野様からは、失敗をバネに自らの道を拓いてきた経験から、「何事も結果を恐れず果敢に挑戦して行って下さい。」との祝辞を賜りました。

 学内優秀者表彰

 

↑各学科において最も成績が成績優秀であったと認められる学生、優秀な成績を修めた最優秀研究論文、サークル、プロジェクトチームが表彰されました。

 感謝の言葉

  

↑菅理事長に大学・医療専門学校を代表して、航空宇宙工学科を卒業する森さんから、故郷の美しい星空から宇宙関係の進路を夢見て、航空宇宙工学科へ進学したものの、現実は甘くなく時には挫けそうになったことも・・・。そんな時新しくできた友人、恩師、家族に励まされながら乗り切ることができたこと、模擬人工衛星「カンサット」プロジェクトにプロジェクトマネージャーとして携わった貴重な経験等を経て、目的とする企業の内定を得ることが適い、夢に向って一歩前進できた感謝の想いが伝えられました。 (写真左) 語られる感謝の言葉にじっと聞き入る卒業生たち。(写真右)

 

↑式が終了し式場を出ると、サークル毎に後輩たちの祝福が待っています。胴上げで宙を舞う卒業生。(写真左) 社会へ力強く歩を進める卒業生たち。(写真右) これからのご活躍をお祈りしています。 

 

閉じる