日本文理大学

【機械電気】テレビ放映のお知らせ

(2017/06/27)

 工学部機械電気工学科 稲川研究室では、大地震等の災害時に備えて、海底等の水中の状況を迅速に探査できる「防災用無人観測ロボット」の研究、開発を行っています。研究室での開発の様子と稲積水中鍾乳洞()における水中観測実験の模様が紹介される予定です。

 

 ↑研究室で地元テレビ局の取材に応じる稲川准教授。(真中奥側)

               

↑「防災用無人観測ロボット」。稲川研究室では民間企業や他大学と共同で、ロボットの研究開発に取り組んでおり、「沖縄海洋ロボット・コンテストROV部門」では優秀な成績を修めるとともに、大分県内のダムでインフラ点検の実証実験を繰り返しており、自治体にもデータを提供しております。

放映日時:2017(平成29)年 6月27日(火)16:50〜19:00※18:10過ぎに紹介される予定です。

放送局  :TOSテレビ大分

番組名 :「ゆ〜わくワイド&News」ニュースのコーナーで放送される予定です。                  ※番組の内容は変更になることもあります。予めご了承下さい。

 稲積水中鍾乳洞():大分県豊後大野市三重町中津留300番地にあり、現時点では日本最長の水中鍾乳洞といわれています。3億年前の古生代に形成され、30万年前の阿蘇山大噴火のため水没し、現在の姿が形成されたとされ、一般公開もされており、神秘的な雰囲気を味わうことができます。見学ご希望の方はホームぺージ等でご確認下さい。 

閉じる