日本文理大学

【別科日本語課程】2017年度前期日本語発表会を実施

(2017/07/14)

NBU日本文理大学 別科日本語課程「2017年度前期日本語発表会」を開催しました。
発表会は汽ラス:プレゼンテーションと競ラス:スピーチの2部門に分かれており、汽ラスでは「私のふるさと」をテーマにプレゼンテーションを行ったSAVITA DEVIさん( インド出身)が、競ラスでは「日本は安全な場所です」をテーマにスピーチを行ったGOMEZ ALEJANDRAさん(メキシコ出身)が、見事、最優秀賞に選ばれました。
この発表会では、この他にも中国、韓国、モンゴル等、さまざまな国の出身学生たちが、汽ラスでは「私のふるさと」という共通のテーマで、歴史や文化、観光地、イベント、食べ物、日本とのつながり等、それぞれの視点で自分たちのふるさとについてプレゼンテーションを行い、競ラスでは「日本の季節」や「中国の伝統文化」、「日本にいるということ」等、思い思いのテーマでスピーチを行いました。また、スピーチの前に行われた発表者の紹介を別の学生が行う等、日本で知り合った他国の学生との交流もうかがえ、アットホームな雰囲気で会は進みました。


↑汽ラス最優秀賞を受賞したSAVITA DEVIさん ↑競ラス最優秀賞を受賞したGOMEZ ALEJANDRAさん


↑真剣な表情で発表を聞く、別科の学生

閉じる