日本文理大学

TBS系列「夢の扉」で「マイクロ・エコ風車」が紹介!

(2010/12/08)

工学部航空宇宙工学科・小幡 章 教授(マイクロ流体技術研究所所長 )が研究・開発に取り組んでいる新しい風力発電「マイクロ・エコ風車」が、TBS系列「夢の扉」で紹介されます。

番組のテーマは、自然界にある優れた力をものつくりに活かすことで、環境問題などを解決していく「ネイチャー・テクノロジー」という新しいものつくりのカタチを紹介するものです。

本学の
小幡章 教授も「トンボ型超小型飛翔ロボット」の研究を通じて、トンボの翅(はね)周りにできるマイクロ渦のメカニズムを発見し、それを活用して、微風でも回転し、しかも台風並みの強雨でも壊れない直径50cmの紙製「マイクロ・風車」を研究・開発しています。 

風力発電の未来を拓く、新しいテクノロジーを是非ご覧下さい。

なお、小幡研究室の取り組みは、国立科学博物館(東京・上野公園)で開催されている「自然に学ぶ ネイチャー・テクノロジーとライフスタイル展」でも紹介されています。

 
【放送予定】

 番組:TBS系列「夢の扉」 大分は大分放送(OBS)で放映されます。

 日時:2010年12月12日(日)18:30〜19:00


NBUのネイチャー・テクノロジーの詳細はこちら

小幡研究室の研究・開発の詳細はこちら

国立科学博物館 展示の詳細はこちら



 

閉じる