日本文理大学

学校感染症(インフルエンザ等)の対処について

(2016/02/02)

学校感染症(インフルエンザ等)の対処について

 

学校感染症(インフルエンザ等)にかかったのではないかという疑いがある場合は、次のように対処くださいますようご協力をお願い致します。

 

1.病院等の医療機関で診察を受けて下さい

すぐに病院等の医療機関で診察を受けてください。主治医より「学校感染症」で、他の学生に伝染する恐れがあるので、しばらく学校を休んだ方が良い」と診断された場合、まずはその旨を大学にご連絡ください。
学校保健法第12条の規定により、出席停止の扱いになり、学生支援担当は科目担当教員へ連絡をします。

 ≪連絡先≫  学生支援担当 097-524-2706(直通)(8301700
                               *業務時間以外は097-592-1600(守衛室)

                         

2.「診断・治癒証明書(本学書式)」を受け取って下さい

次のいずれかの方法で「診断・治癒証明書(本学書式)」を受け取ってください。

 ○ 日本文理大学ホームページからダウンロードする。ダウンロードはこちら
 ○ FAXで受け取る。
 ○ 郵送にて受け取る。

 

3.主治医の許可が出るまで登校することは出来ません

出席停止中は、自宅で治療に専念してください。治癒して主治医から登校の許可が出ましたら、「診断・治癒証明書」を主治医に記入して頂いてください。
主治医より記入して頂いた「診断・治癒証明書」を持参して登校し、学生支援担当窓口へ提出してください。提出後、講義への出席が可能となります。

 

4.教務担当にて欠席理由書の発行手続きを行ってください

出席停止中の講義の欠席については、最終欠席から14日以内に教務担当にて欠席理由書を受け取り、記入後、教務担当の確認印をもらってください。科目担当教員に欠席の補てんを行っていただくと、認定出席扱いになります。

閉じる